スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループリーグ予想の結果

【グループA】(混戦模様)→メキシコ・ウルグアイ(◎-)
◎メキシコ(60)○南アフリカ(55)▲フランス(50)ウルグアイ(35)
南アフリカはウルグアイ戦の敗戦が響いて届かず。フランスは抜けないと思っていましたが予想以上に酷かった。

【グループB】(次位伯仲)→アルゼンチン・韓国(◎-)
◎アルゼンチン(90)○ナイジェリア(50)▲ギリシャ(45)韓国(15)
韓国を侮ってました。アルゼンチンには完全に力負けしたものの決勝トーナメントへ進出。ギリシャはしばらくだめだなこりゃ。

【グループC】(上位堅実)→イングランド・アメリカ(◎○)
◎イングランド(90)○アメリカ(75)アルジェリア(20)スロベニア(15)
的中はしたもののアメリカは最終節残り5分までGL敗退しそうな感じでしたね……

【グループD】(混戦模様)→ドイツ・ガーナ(◎○)
◎ドイツ(70)○ガーナ(50)▲オーストラリア(45)△セルビア(35)
ドイツが踏ん張りました。ラウンド16でのENG-GERはもったいないですがしょうがない。

【グループE】(次位伯仲)→オランダ・日本(◎-)
◎オランダ(90)○カメルーン(55)▲デンマーク(45)日本(10)
岡田正直すまんかった。

【グループF】(次位伯仲)→パラグアイ・スロバキア(○▲)
◎イタリア(90)○パラグアイ(55)▲スロバキア(45)ニュージーランド(10)
まさかイタリアがGLで敗退するとは。1位通過のパラグアイはラウンド16で日本と対戦。お互い勝てば史上初のベスト8進出。

【グループG】(三者混戦)→ブラジル・ポルトガル(◎○)
◎ブラジル(75)○ポルトガル(65)▲コートジボワール(50)北朝鮮(10)
ブラジル-ポルトガルは茶番劇で終了。結局この2チームが決勝トーナメントへ。

【グループH】(次位伯仲)→スペイン・チリ(◎▲)
◎スペイン(90)○スイス(60)▲チリ(40)ホンジュラス(10)
スペインは復調しての1位通過。スイスは攻撃力のなさが響いてGL敗退。
スポンサーサイト

まだまだ、先へ!

2010FIFAワールドカップ グループE 日本 3-1 デンマーク

遠目のフリーキックから本田が沈め、やや近いところからフリーキックを遠藤が沈める理想的な展開。
終盤に長谷部がエリア内で押してしまってPKを献上してしまったものの、最後まで攻め切る姿勢が岡崎の3点目を生んで勝負あり。

来るとわかっているパワープレーは(たとえベントナーが相手だろうとも)それなりに防げることはカメルーン戦・オランダ戦で実証済みであり、むしろこの試合は2列目から飛び込んでくるトマソンをいかに防ぐかということが焦点だったんだと思います。
そして、中盤でこの日はトマソンを捉えきれていませんでした。(決定力のなさには相当救われましたが)

良いサッカーをして勝つのが1つの理想だと言う人もいますが、良いサッカーって何でしょう?
3戦の中で歯車が噛み合わなければ、イタリアのようにGL敗退の憂き目に遭うこともあるわけです。

ラウンド16はパラグアイですね。(イタリアが来るものだと想像していたんですが)
この3戦で培った粘り強い守備をパラグアイ相手にも展開してもらいたいですね。

目標は何なんだろう

北京オリンピック最終予選 U-22日本 1-0 U-22カタール

前半しか見てません。(角沢松木に付き合うのはごめんだったのでBS1で見ました)
あんなだらだらしたゲームに後半まで付き合わされるのは苦痛だと思いました。

どうしてあんなにビルドアップが遅いんだ。
どうして基本的なパス&ゴーができないんだ。
このチームからは、約束がまるで感じられなかった。

反町は「手元の手駒を活かす能力」には長けてると思う(これは新潟で実証済み)けど、「数多くの手駒の中から最適解を探す能力」はからっきし。
大体安田呼んでおいて伊野波が左SBってどうなのさ。(いのっちがどうこうってんじゃなく、適性の問題として)

オリンピック出るだけなら、何とかなるのかも知れない。
でもこのチーム、オリンピックに出ることが目標なんだろうか?
もしそうだとしたら、随分と志の低いことだなぁ。
それが選手の思いなのか、監督の限界なのかは知らないけれど。

決して練度の問題じゃない、のかも

キリンチャレンジカップ 日本 2-0 ペルー

時間的には前後しますが、ちょっとばかし代表戦のことについても。
まぁ、俊輔が入っただけでチームがこうも変わるのか。

とはいえ、まぁ相手は恒例の「コンディション不良の」南米中堅国。
しかも相手がベンチ含めて15人って、そりゃセルジオさんも怒りますわな。
(あぁ、セルジオ越後のTV解説はそれなりに面白いなー、って思って観てます。サカダイとかにモノ書かすとアレですが)

オシムは俊輔も高原も批判してましたが、「まだこんなもんじゃないだろ」ってことなんでしょうかね。
まぁ、お披露目登板ではあっただろうからね。

で、得点はいずれも俊輔のフリーキックから。
スコアこそ2-0だし、川口にほとんど出番がなかったわけだから完勝なんだろうけど、巻は得点シーン以外は完全に消えてたし、高原が無茶苦茶良かったわけでもない。俊輔にしたってエルゴラッソでは7.5付けてたけど冷静に考えたら6.5がいいとこじゃないかな。(悪い出来じゃなかったけどね)
個人的にはMOMは駒野だったんだけど、「そりゃねえよ」って彼女に怒られました。とほほ。
(EGでは駒野も7.0でしたけどね)

結局まともな相手とやるにはこっちから出かけていくしかないのかも知れんねぇ。
クラブチームの練習相手とかになれないのかねぇ、昔みたいに。
(昔は結構あったよね、日本代表が遠征して欧州クラブと試合って。今じゃ無理か)

要するに、日本代表だってまだチームとしては全然なわけです。
昨日勝ったのだって俊輔の個人技だしね。
まぁ、強いチームってそうやって勝ちを拾っていくんだろうなぁ。

---

とうとう晩飯の席で「ワンチョペは国に帰れ」論が彼女から飛び出しました。
でも考えてみたら、確かに「練習? ハァ? 試合でちゃんとやればいいんだよ」って選手はいらんなぁ。
過去にベベット、ストイチコフ、イルハンが辿った道をワンチョペも辿ることになるのかなぁ。
何だかなぁ。
何でもいいから、ホームで無様な試合はもう見たくないですなって結局東京の話です。とほほ。

続・何に向けての代表なんだっけ

結局「今野DFな時点で不支持決定」だけで終わっちまった昨日のブログですが、改めて(スッキリした頭で)メンバー見てみると呆然。

GK
川口(磐田)
山岸(浦和)
他2名

DF
坪井(浦和)
闘莉王(浦和)
中澤(横浜FM)

MF
阿部(浦和)
鈴木(浦和)
今野(東京)
遠藤(G大阪)
加地(G大阪)
中村(川崎)
藤本(清水)
他8名

FW
播戸(G大阪)
佐藤(広島)
我那覇(川崎)
高松(大分)
他2名

以上16名、観光客12名

まぁ、アジアカップまでは様子見でいいと思ってるわけなんだけど、それにしたってなぁ。
とりあえず、このメンバーに何が求められてるかをちょっと考えてみますか。

観光客12名については、他に呼ぶべき選手はいると思うんだが(あるいはいないんだったら呼ばなきゃいいと思うんだが)、何で呼んだんだろって選手ばっかり。
矢野(新潟)呼ぶ前に前田(磐田)だろうとか、本田(名古屋)は何で呼ばんのかとか、そもそも今野と阿部にCBさせるって違うだろとか、水運びはガチャピンだけでいいのかとか。
チームの作り方が(監督本人の頭にはあるんだろうが)不明瞭というか抽象的過ぎて、結局どんなメンバーで何をしたいのかが全然判らん。
真剣勝負になるような相手ともやってないし(この辺はジーコ時代からの悪しき慣習だよなぁ。次の相手はペルーってやっぱり格下)、こんなんでワールドカップ大丈夫なんだろうか。

オシムは職人なんだろう。ただ残念ながら、今周りにいる選手はホワイトカラーなんだろうなぁ。
ユーゴスラヴィア代表の監督やってた時は、周りにいる人もみんなブルーカラーだったんだろう。(特にどっちがいい、というわけではなくね)

代表に魅力が戻ってくる日はくるのかねぇ。
代表<クラブってのも、それはそれで健全だと思うわけですが。

要するに何が言いたいかってえと、「面白い代表見たいなぁ」ってことで。
今の代表が面白くないのは、ピラミッドの頂点が代表にないからなんじゃないかと。

ああ、やっぱりまとまらん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。