スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求めているもののレベルが低すぎるんだろうか?

横浜は今日も負けました。
みんな見慣れてるだろー、大差付けられたところからアリバイ作るみたいにランナー溜めてホームラン打って、そっから期待できるかなーって思わせといて何もないってパターン。
今日はマジでみかん氷がうまかったことだけが収穫ではないかと。
あ、開港記念日デーってことで内野が2000円でしたが、さすがに激混みでしたな。まぁ普段はさすがにあそこまで混むことはないんでしょうけど。内野から見る野球はまた普段と違って面白かったですな。でもショートゴロなんだかセカンドゴロなんだか全く判らん。それよりも暑いわ横浜の攻撃はだるいわの方がきつかったですよ。

さて、昨日の東京の試合に関してはまたえらく批判的なブログが並んでましたな。
そんな中、そこまでネガティブになってない自分の文章が場違いに思えてきてる今日この頃なわけです。

今の認識としては、「無能なヘッドコーチの下でとりあえず守備は形になりつつある、攻撃はコンビネーションがなってないんでこれから、というより今年一杯無理そう、ただ素地と言えなくもないことは出来てきたとは思う、監督は中断に入ってから解任」というところ。

守備に関しては、名古屋戦もあの失点シーン以外は比較的良く出来てたと思うのですよ。
ただ、正直言って徳永・ノリオ・藤山の疲労感は大分きついですよな。
90分走れるようになってほしいんだけど、それがきついんであれば(特にノリオ)1列前に上げて90分持ってもらった方がいいかなぁ、と思います。(去年あたりの「守備がなってないから1列上げろ」というのとは全然別です。主張は一緒だけど。逆に90分上下動がしっかりできるんであればSB上等ですよ)
中盤も梶山がやたらめったら動くようになったし、あとは福西・イノハとすり合わせる段階だと思うのです。ただやっぱり梶山は真ん中において何ぼですな。昨日も途中でルーカスとポジション変わってなかったかな? 違うか。

で、問題の攻撃面。
何が問題かって、今の東京にポスト役できるのはルーカスしかいないのに、でかいだけでワンチョペや平山にポストが務まると思ってる監督が問題ですわ。
ワンチョペも平山も、裏に抜けて何ぼのストライカーなわけです。当てて周りを使えるわけでもないのに、ポスト役できるルーカスを1列下げて無理やり1トップにしちゃってるわけで、それであればナビスコ横浜FC戦のようにはっきり横の2トップにしちゃった方がいいと思うんだけど、原って未だに4-2-3-1マンセーなんだろうか。
ってなわけで、組織でどうやって崩して点取るかってメソッドは未だに提示されないまま。このままシーズン終了まで個人技だけを頼りにすればいいんですかね?

ってことで、個人的には中断までに勝ち点20くらい取れないんであれば中断即解任でいいと思ってます。
そもそも今年の目標って「残留」とかそんなレベルの低いもんだったっけか?
スポンサーサイト

やっとこありつけた





あの一瞬だけ

J1第13節 東京 0-1 名古屋

中盤ぽっかりと空けてしまってヨンセンを離した時の失点はいただけないし、クソレフリーコールする気持ちも判らんではないわけだけど、前節のFマリノス戦より内容は随分ポジティブだと思ってるわけです。
中央とサイドの使い分けもそれなりに出来てたと思うし、中盤もそれなりに機能していたと思うわけで。

ただ、レフリーのせいにしてしまうと修正点がぼけるから、ディフェンスラインはもう1回しっかりと話し合ってほしいですな。

そういや今年初めてじゃないかな、不満の少ない敗戦は。

日本のスポーツにおける武士の情けみたいなもの

今場所はあまり見れてないんですが、昨日の大相撲。
(JSportsでの「劇戦! 大相撲」はたまに見ております)
潮丸-雅山戦で、雅山が「優しく寄り切った」シーンがありました。
何でも、前日の取組で潮丸が膝を痛めていて、踏ん張りが全然利かない様子。それを慮った雅山が無理やり押し出さず、ソフトに寄り切った一番。
こういうシーンって、最近殺伐としてきた角界でもあんまり見なかったシーンだから、ちょっといいなー、と思ったわけです。

勝負事ってのは相手がいないと成立しないわけで、そういう意味では相手がいることそのものにまず感謝すべし、って発想は古き良き日本の伝統として大事にしてほしいなぁ。

さーて、今日は名古屋様戦ですな。

これで明日、『張っている』とか言ったらもう使いません

ヤマザキナビスコカップ予選第6節 横浜FC 1-2 東京

試合見れてません。
ゴールシーンだけはMXの録画で見ましたが、個人的にサッカーって足の速い刺身と一緒で「生じゃなかったら元の素材がどんなに良くても美味しくない」ってものなので。
(アメフトは得点までの過程が面白いから録画でも見たりしますが)

赤嶺の2ゴールは良かったですねぇ。
1点目なんか、「これぞ赤嶺!」って感じのゴールでしたな。てか赤嶺ってニューヒーロー賞の資格あるんだなー、ってこりゃさすがに気が早いですな。

今日のタイトルはJ'sGoalの原監督のコメントより。
モニは復調までは程遠いようですな。出遅れた分、戻すのも時間かかるかとは思うんですが、この前川崎にチンチンにされてからまたおかしくなったのかなぁ。

これで公式戦3連勝となった訳なんですが、そろそろ選手としてはチームの基礎戦術を吸収できてきたのかな? という気がしてきています。
上位を目指すのであれば、いずれは今と違う味のサッカーをしなきゃいけなくなるんだろうと思うし、そういう主張をする人を反対はしない(むしろ同感)んだけど、困った時にはまずベースキャンプへ、と戻れる場所を作ることも大事だと思うわけですよ。
この後のリーグ戦(次は名古屋ですね)でどうなるかってところを楽しみにしてますわ。

現地組お疲れ様でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。