スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の代償

土日で勝率がコンマ15くらい下がりましたorz
昨日はサッカー→押す→飯→押すのフルコースでしたが、やっぱり疲労には勝てません。
ドラえもん特需で何とかパワーは増えてますが、この勝率取り戻せるかなー……

あ、とうとう同居人がプロアンサーになりました!
バケツリレーさんやら適当な人やらのグロマッチにも負けず、よく頑張りました。
最後は残り2戦で6勝条件から3勝で優勝→次の初戦敗戦→3連勝でめでたくクリアでした。
スポンサーサイト

2を失ったのか、1を得たのか

J1第3節 東京 3-3 京都

まぁ、「1を得た」んでしょう。
ディフェンスが構築しきれていない状況で攻撃陣が頑張ってくれてるわけですから。

課題はきりがないですね。
ディフェンスは5試合で8失点。アウェイ磐田戦以外は全ての試合で失点してしまってます。
今日は後半入ってから集中とプレスが切れた時間帯があり、そこからネジを巻き直すまで2失点かかってしまった、という感じでした。
(渡辺と田原のゴールは確かにやばかったけど、渡辺の方はともかく田原の方は完全に「切れた」時間帯のゴールだったと思います)

攻撃陣は相変わらず。大竹いいですねー。
カボレにもそろそろ2点目のゴールが見たいところです。

あ、審判はクソでしたな。
ただリーグ戦の間に数回は必ずクソが来てしまうわけで、そこで腐らず切れないことは大事だと思います。

では取り急ぎ採点でも。

塩田 5.5 3失点どれもこれもGKのせいにするのは厳しいが無失点試合欲しい
徳永 6.0 東京ワルメンサイドブラザーズ兄。右サイドをよく支配しました
茂庭 5.0 最終ラインの統率力の成長を望みます
吉本 4.5 1得点はあるが危険なシーンを作る場面が多すぎ。先発厳しいかも
長友 6.0 ワルメンブラザーズ弟。激しい上下動でチームに動き与える
今野 5.5 1得点も間延びしてしまった中盤は支えてほしかった
金沢 5.5 久々のボランチも無難にこなしていた
→浅利 5.0 間延びしていた中盤の建て直しは困難だったか
羽生 5.5 激しい運動量が目立たなくなってきたのはチームの成長か疲労か
大竹 6.0 得点の匂いを常に放ち続ける。90分安定して働けるかが課題
→川口 -- 時間短く評価なし
赤嶺 6.5 ゴール前の決定力はお見事。カボレとのコンビも機能し始めた
→平山 -- 時間短く評価なし
カボレ 6.0 チームに大分フィットしてきた。あとはゴールを決めるだけ

城福監督 5.5 難しい試合だったことは間違いない。だからこそ勝ち点3が欲しかった

小川主審 5.0 どうにもストレスが溜まる笛だったのはダブルスタンダードのせい?

人身御供と引き換えに得た一体感

3つ下の「飼い殺しきれる器じゃなかった」を読んでからこっちを読むと、ほんの少しだけ楽しめるかも知れません。楽しめないかもしれません。

フッキ対談について川崎サポからほとんど「残念」の声が聞かれなかったのは前述の通り。
そこにあったのは、過剰なまでに強調される「チームとしての一体感」だと思っているのですが……

実はサポの方々は、既にクラブの崩壊の前兆を感じているんではないですか?

J2落ちしてからJ1復帰までの間に培われた、川崎フロンターレというクラブの一体感。
昨年ACLを戦い、グループリーグを突破。終盤まで優勝争いに絡み、ナビスコカップはファイナリスト。
気がついた時には、J2での一体感は勝利へのベクトルに置き換わり、勝利をもってしか一体感を持ちえなくなった。
そして今年の不調。去年のメンバーに加わったフッキと山岸。それに符合するように勝てなくなったクラブ。
いきおい、彼らに責任をかぶせ、フッキをスケープゴートにして自分たちの寄る辺を維持するくらいしか、今の川崎サポが一枚岩を保つ方法がないのかも知れません。

チームあっての個なのか、個が集まってのチームなのか。
先日読んだ「GIANT KILLING」は非常に示唆に富んでいます。

要らないなら戻さなきゃいいのに。
選手だって人間なんだ。ただのデータじゃない。
王様でいられ、活躍できたチームから無理やり引き剥がされ、連れて来られたチームでは外様扱いの上チームの不調の原因を全て背負わされる。
彼の心はいたく傷ついたんじゃないか、と思うのはあまりにもセンチメンタルに過ぎるでしょうか。

かわいそうな、フッキ。
彼が安住の地を得られることを祈っております。

ジャイアント・キリング

サッカー好きは読んで下さい。以上。

サポやってる人ならどっかで「あー、あるある」って言えるよね。
にしても主役になるクラブの名前がこれですかーw

まぁ「イースト・トーキョー・ユナイテッド」ですから、イメージ的には柏+東京=金町ですな。チーム名は東京ですがスタジアムは日立台だしね:多分これ描き出したの2006年ですからこの時点で柏はJ2です。この辺の小ネタを読んでニヤニヤできるのはサポの特権ですねーw

テストとしては良好

国際親善試合 U-23日本代表 1-1 アンゴラ

後半だけTV観戦。鈴木健の実況と武田・北澤のトリオは結構静かでいいですね。最近テロ朝に毒されていただけにちょっと新鮮でした。

この時期にどうしてこんな試合を組むのか(前日にW杯予選、そしてこの後リーグ-ナビ-リーグの3連戦)という根本的な問題はともかくとして、前日に腐れた試合しか出来なかったどこかの代表に比べれば、よっぽどいいサッカーをしてたと思います。

豊田は良かったね。
香川も良かった。
長友はいい場面を何度も演出してた。
チームとしてサッカーをしてたことは嬉しいですね。

というわけで今日はノーアンアンです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。