FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も合宿に行ってきましたよ

・前日28時まで問題作成orz それもこれも全部忙しい仕事(と金曜日の時報)のせいだー
・何とか起きて王子にみんな集合
・9時集合の予定が車組が渋滞にはまっちゃって結局出発は10時
・3台に分かれて佐野まで行く間にペーパークイズを解いていただきました
・車内相談OKでしたがあのペーパーで30点取れるんですねー……
・正解が出なかった問題が8問くらい、単独だったのが10問。今度気が向いたら問題公開します
・佐野で「ラーメンとカレー」(notセットメニュー)を頼むバイタリティあふれる適当先生
・那須と西那須野塩原を間違えて降りてしまうはっしー
・今年も買い出しはン万円しました
・宿について適当に準備してクイズ
・バラエティ的展開によってチーム適当が罰ゲームの火おこし
・今年もバーベキューはんまかった。例によってわし何も仕事してませんがorz
・田酒持っていったけど余らせちゃいましたね
・自分は前日遅かったのでちょっと酒量をセーブしました
・むらためから「レッズ先制」の報があった後、試合終わってから結果見たら95分に追いつかれてた
・瓦斯はスコアレス
・はっしーが焚き火のアップを始めたようです
・バーベキューから戻ってきて三々五々押してみたり
・寝てるんだか寝てないんだかわからん状態から突如起きて押して答える松嶋先生
・メロンパンナさん、しのこさん、はちみっちゃんはバックヤードで色々準備してくれてました。どもでしたー
・飲んだ石川さんとこの日の石川さんが別人ではないかという説
・23時頃に毒まム到着、今年もドクタンヌーボ
・しのこさん、貴族、はっしーとギャモン
・貴族、鷹さん、はっしーとウノアタック
・今年は深夜のアッーは見なかったな。やっぱりD-BOYSは解散なのかね
・車出して頂いた適当さん、ギヤマンさん、はっしー、ありがとうございました
・冬合宿の話が帰り際に出たり。プロアンサーズが「AnAn発旅行サークル」になる日も近いかねぇ

・来年もまた合宿しましょーねー
スポンサーサイト

久々に時報やりましょうか

【第4回くらい チキチキ王子主催者を斬ってみようの巻】

ミーさんがそろそろC級プロテストだそうですよー。

【日時】8/27(金) 2203 2218 2233 2248 2303
もはや見慣れた数列ですねー。
【アイテム】「ウルトラハット(黄)」+開始直後にばきゅーんアクション(「狙った獲物は~」)
たまには指定しましょうか。
・ウルトラハットは予選タワー40Fで獲得できました。持ってない人は適当な帽子でも。
・ばきゅーんアクションは.netで買えます。
・称号と壁紙、その他コスは適当にどうぞ。どうせ誰が時報入ってるか分け隔てるつもりもないのでいつものように適当に写真取って上げますw
【ツイッターやらmixiやらでの拡散】ご自由にどうぞ。

一応時報とは言ってますが「服装替えるのめんどいけど時報参加してやんよ」とか「普通にプレイしてたら何かみんなの服装揃ってる上にグロマッチで激萎え」とかいうのも含めてこのゲームですんで、まぁ適当にやりませう。
大体時報の主催者がちゃんと服装合わせられてるかどうかも怪しいからな!

何と申し上げたらよいのやら

J1第20節 東京 0-2 広島

運動量が全てじゃないけど運動量で完全に負けてた。
ピッチに座り込まなければならないほど走ってた選手はいたのかな?

帰って心が折れてなかったら追記します。
酷い試合でした。腹も立たないくらい。

器用貧乏選手絶賛育成中

J1第19節 C大阪 4-1 東京

与えられた命題に対して「どうやったら命題をクリア出来るかを考える」ことは確かに大事なことなんですが、果たしてその命題は的確に与えられているんだろうか、と思う今日この頃。

後半からしか見れなかったので森重の退場シーンは見ていませんが、チームの軸を見つけられないまま90分が過ぎてしまったような、そんなゲーム。

鹿島の岩政だったと思うんですが、「別に鹿島はスペシャルな選手ばかりが揃っているわけじゃない。ただ、個々の特徴を噛みあわせているだけなんです」という趣旨のことを言っていたんですが、「個々の特徴を噛みあわせる」ことの何と難しいことか。
城福監督自身が、それを見失ってしまっているように思えてなりません。

徳永は本来右サイドバックの選手だし、松下は前目の選手。
昨日の布陣であればFW大黒・リカ、OMF松下・石川、DMF梶山・森重、DF左から北斗・ヨン・今野・徳永、GK権田でいいでしょうに。
徳永が可哀想過ぎます……

選手個々が「やるべきこと」を要求されすぎてて、結局何にも出来ていないような、そんな感じ。
あれもせい、これもせいと言われているから自分の役割も整理しきれず、それが一歩の出を鈍らせているように見えました。

ちょっと選手個々の役割を整理してあげた方がいいんではないかと。
自分のことで精一杯になってる選手たちに、周りを見る余裕なんてないと思うわけで。
選手が個々の特徴を十二分に発揮しているところを楽しむのがサッカーなのに、全員にポリバレントを要求しているように見える今の東京のサッカーはとてもつまらないものに見えてしまいます。

広島戦まで中2日。
修正は困難だと思いますが、下を見ればもう後がない。

この先このサッカーに未来はあるのかい?

J1第17節 東京 0-1 名古屋

受け入れがたい敗戦。
ただ、色々なことを考えさせられた敗戦でもありました。

終了後のゴール裏の反応は「拍手8割、ブーイング2割」といったところでしょうか。
折り返しを迎えたのに勝点はたったの19。リーグ戦でのホームの勝ちは開幕戦だけ。「内容はいいのに勝てない」という考えを持っている人の中でも「内容はいい」にウェイトを置くのか、「勝てない」にウェイトを置くのかで反応が分かれるのも致し方ないなぁ、と思います。

実は、名古屋がこの日見せたサッカーは「東京がやりたいサッカーの1つの形」じゃないのかな、と思いました。
前半抑えめに入りつつも、ピッチをワイドに使い東京のスタミナ切れを待つ。1週間準備していたチームとミッドウィークに試合があったチーム。後半勝負になれば名古屋に大きく分があると考えるのは、至極自然なこと。
名古屋の誤算としては前半の東京の出足が殊の外鋭く、前半でゴールを割られやしまいかと思ったことくらいではないでしょうか。
塩田のファインセーブがあったから1-0で済んだ、という見方も出来るのではないかなと思います。相当ネガですが。

15節の磐田戦@国立も内容としては褒められたものではなく、先制点は取ったがその後は押し込まれっぱなし、何とか1失点に凌いで勝点1を拾えたという感じで見ています。

書き方がまだるっこしいですねー。
要するに、「今の東京には柔軟性が足りないんじゃないかな?」ということを感じておるのです。

自分たちが理想とするサッカーを90分通してできれば、そりゃどこにでも勝てるだろうと思います。
でも、サッカーには相手がいて、相手は自分たちの長所を潰しつつ(あるいは目を瞑りつつ)相手たちの長所を活かそうとするわけです。
であれば、そこで「二の矢」「三の矢」を用意できる柔軟性が必要なのではないか。あるいは自分たちの理想であるところの「一の矢」を放棄する必要もあるのではないか。

「自分たちのサッカーが出来ているのに勝点だけが遠い」というコメントが試合後の選手から聞こえてきています。
「自分たちのサッカーでは勝てない」のか、「実は自分たちのサッカーなんて出来ていない」のか、吟味しなければいけない頃合いなんじゃないかな、と思います。

降格圏までは勝点5しか離れていません。
タイトル奪取を目標としていたチームにとって、この状況はあんまりなんじゃないですか?

それでもやっぱり鹿島戦には期待してしまうんですが、実家には衛星入ってないんですよねorz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。