スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーの本質って、何だろう

J1第24節 東京 0-1 大宮

攻め込んでる時間帯に点が取れず、相手の一撃に沈んで敗戦。
この展開は城福前監督の時にもよく見させられた光景ではありましたが、その過程には結構な違いがありました。

ゴール前の迫力は確かに出てきたと思います。
ボールの収めどころがないのは結構厳しい(平山は元々ポストマンだと思っていませんし、森重に梶山の役割を要求するのはさすがに厳しいでしょう)んですが、それでもボールを前に運ぼうというチャレンジングな姿勢は見えました。

サッカーにおける本質。
それは当然「相手より多くゴールを奪う」ことです。
ボールロストしないことは「相手より多くゴールを奪うための方法の一つ」として重要ではあるかも知れませんが、本質ではない。それは「サッカーの勝敗はボール支配率では決まらない」のと同様のことだと思います。

シュートを打った結果はゴールかこぼれるかCKかGKなわけで、枠を食わないシュートは要するにボールロストなんですが、城福監督のチーム作りは突き詰められていくにつれてどんどんボールロストを恐れるサッカーになっていきました。
必然的に安全なところでボールを回すようになり、チームからチャレンジングな姿勢が失われていったことについては目を背けてはならないと思います。

城福監督の志向するサッカーは、その思いと裏腹な「ボールを失わないことを恐れない選手、あるいはその後ろ盾」がないと成立しないサッカーだった、のではないかなと思います。
(ナビスコ決勝で米本が放ったミドルもそうですが、去年私が唯一見られなかった大分戦で米本が放ったミドルシュート。あの時も「打つなよー」みたいな話があって、「これ打って外したら怒られるなーと思いながら打ちました」みたいな米本のコメントがあった覚えがあるんですが、全員とは言わないものの要するにそんな「空気を読まない」選手が必要なんだろうと思います)
少なくともこの日のサッカーは、末期の城福監督のサッカーよりもワクワク感はありました。

終盤ガス欠になってしまったところなどは調整が必要なんでしょうが、まだ残留圏までは勝点2差です。
湘南戦で勝って、仙台戦で勝って、残留争いの対象チームを1つでも増やしたいですね。
スポンサーサイト

埼玉県南部ぐるりポタリングの旅をしてみた

【2010.9.20 埼玉県南部ポタリング】
赤羽岩淵駅~川口駅(朝食)~川口市グリーンセンター~道の駅川口・あんぎょう~草加駅前(昼食)~綾瀬川~葛西用水~八潮駅~水元公園~水戸街道~四ツ木橋~荒川サイクリングロード~赤羽岩淵駅
所要距離:約50km

というわけで、3連休最終日の月曜日は久々にポタ。
埼玉県南部って攻めたことないよなぁ、と思っていたところに自分がピンときた「道の駅までポタするべ」との一言でルート決定。
道の駅川口・あんぎょうからちょっと行くと草加だし、そこから頑張ると水元公園というでかい公園に行けそうなので、当日の時間を考慮しながらぐるっと川口・草加を周回することに。

草加の川べりは松並木が生えていていいのぅとか、案の定川べりは走りやすい(荒川はもちろんですが、川べりは交通量少ない上に平坦なので走りやすいことが多いのです)とか、意外と水戸街道が自転車に優しい道だったとか、ルート選定的にもほとんど問題なし。
グリーンセンター~道の駅の間がアップダウンの多い道ではありましたが、まぁ我慢できるかな、という感じでした。

距離的にはもう少し短いかなと思いましたが、50kmをママチャリで乗ったら結構乗った気になりますねぇ。

さて次どこにしよ。
葛西臨海公園は割とうちの中ではベタなルートではあるんですが、結構行ったしなぁ。(そこが目的だったこともあるし、柴又の帰りに寄ったこともあるし)
かと言って基本的に街中は狭くて嫌なんですよねぇ。
やっぱり東上線方面かなぁ……

そして、劇薬の投入

J1第23節 磐田 2-1 東京

話が前後しますが、この翌日に城福監督の解任が発表されました。
「浦和戦の後に【解任しません】って言ってたじゃんかよ話違うだろ!」と言ってる方もいますが、村林社長は「このタイミングでは解任しません」と言っていただけであって、解任そのものを全否定しているわけではなかったことは強調しておきたいと思います。

で、この試合の前半を見る限り、「今の城福監督を支持する気にはなれなかった」というのが率直なところ。
「前半は4-1-2-3のつもりが5-0-5になっていた」というのはヨングンOUT→大竹INで4-4-2に戻すまでずっと続いてしまっていて、中盤で前田やらジウシーニョやらに好き勝手やられてしまったのではこの結果もやむなし、といったところでした。
よくあれで2失点で済んだもんだ、と。

また追っかける展開での城福監督の采配の拙さはずっと気になってたんですが、ここ数試合ずっと追う展開だとそれがまた際立ってしまうもので、平山も前田俊介もほとんど機能しないままタイムアップ。

去年までのチームのベースはどこに行っちゃったんだろう。

別に今更(という言い方が適切かどうかはともかく)浅利や藤山やモニやブルーノがいれば、というつもりもないですが、ちょっと前に書いた通り「ポリバレントを目指しすぎた結果、角を矯めて牛を殺しかけちゃったんだろうな」という感じです。
ベストメンバー揃えた時の爆発力はあったんだと思いますが、限られたメンバーの中でリカバーする能力はそこまでではなかった、ということなんでしょう。
どちらにせよ、非常に虫のいい話ではありますが、城福監督にとっても「フットボールは続く」のですから、いずれまたフィールドに立つ姿を見たいと思います。

お疲れ様でした。
そして大熊監督、おかえりなさい。(自分は熊時代の東京は存じないですが……)
残り11節ですが、ここは石にかじりついてでも残留しなければいけないところです。よろしくお願いします。

監督交代は劇薬ではありますが、交代の時には「この薬が効くに違いない」と念じて交代させるのですから……

【崖っぷちランキング】
仙台 勝点24 得失点-06 総得点28 鞠名東桜京神磐清新広川
大宮 勝点24 得失点-08 総得点20 東浦脚川湘山名京神新鞠
神戸 勝点22 得失点-11 総得点22 桜川鞠名脚仙新鹿宮清浦
---(降格ライン)---
東京 勝点21 得失点-06 総得点22 宮湘仙新清脚鞠川名山京
京都 勝点15 得失点-19 総得点22 磐広清脚仙川浦宮山鹿東
湘南 勝点14 得失点-27 総得点25 山東鹿広宮鞠清名脚桜新

ほたぴょんA級&ミーB級テスト 第1戦記録より

対戦者:ミー 第2種郵便 ギヤマンの鐘 ほたぴょん
以下の記録は「ジャンル」「問題終了後のライフ数」「1st/2nd/3rd/誤答/×(解答権なし)」

1R:積み重ね(解答権全員) ×1 ×1 ×2 ×2
語文 6-6-6-5(2-2-1-誤)
スポ 5-5-5-4(誤-誤-誤-誤)
以下文章問題
グル 5-5-5-4(3-1-2-3)
スポ 3-5-5-4(誤-1-1-1)

ライフ回復:5-7-7-6

2R:早押し(解答権2名) ×1 ×2 ×2 ×2
スポ 5-7-6-6(1-×-誤-×)
漫アゲ 3-7-4-6(誤-×-誤-×)
趣雑 3-5-4-4(1-×-2-×)
エンタメ 1-3-4-4(×-×-2-1)

ライフ回復:3-5-6-6

3R:連想(解答権2名) ×1 ×2 ×2 ×2
語文 3-5-5-6(×-×-誤-2)
エンタメ 3-5-3-4(1-2-×-×)
漫アゲ 3-5-1-4(×-×-誤-2)
グル生 3-3-1-4(1-誤-×-×)

ライフ回復:5-5-3-6

4R:早押し(解答権1名) ×2 ×2 ×2 ×2
スポ 5-5-1-6(×-×-誤-×)
歴地社 5-3-落-4(1-×-×-×)
自然科学 3-3-落-2(×-1-落-×)
趣雑 1-3-落-2(誤-×-落-×)

ライフ回復:3-5-落-4

5R:連想(解答権1名) ×2 ×2 ×2 ×3
歴地社 3-3-落-2(1-×-落-×)
自然科学 3-1-落-2(×-誤-落-×)
グル生 1-落-落-2(×-×-落-1)

まで 19問にて1着:ほたぴょん、2着:ミー

第7回王子チャンピオンシップ雑感

「雑感」と書いて真っ先に思い浮かぶのはうちの小学校で年度末に配られた文集の中にあった、うちの担任の「教育雑念」というエッセイです。(正しくは「教育雑感」です、もちろん)

【前日~当日朝】
・うーんどう頑張っても80人埋まりそうにないなぁ、さすがにでも64人は切らないか
・引いてもらった場所から人を移動させないといけないよなぁ
・この時点でPC持ち込み決定、まぁうちのノート君は結構バッテリー持つし大丈夫だろ
・くじ引いたらその場所をPCに打ち込んで最後の最後にトナメ表に書くことにしよう
・高校生クイズはここ2年の傾向を踏襲してたんでさくっと王子へ
・トナメ表は出来てるらしい、モニタもある、とりあえず最悪の事態は避けられそう
・PCのデスクトップが普通の画像じゃつまらんな→過去の刺客イラストにするか(何やってんだか)
・ぎゃー10時開店に間に合わんー→ギリ間に合った
・王子で9時45分くらいに流れる「にゃんにゃん」は聞けずじまいでした

【午前中】
・ベラミさんが一通り印刷物を持ってきてくれてたんで一安心
・事前通告なしに「店舗大会モードでやりますー」は来てくれた人に甘え過ぎだったなぁ(反省その1)
・でも全戦3戦目に早押し出たよね? 少なくとも実況してる限りは3戦目までに早押しが出なかった事例はなかったはず
・再振り分けの方法をしっかりと考えてなかったのは甘かったなぁ(反省その2)
・事前ミーティングも「まぁいつもの感じで」くらいで終了させてしまったのも甘かった。記録不備が結構出てしまったのは自分の責任です(反省その3)
・それでも毎回「今回が初めての王子です」って方が来てくれることは感謝感謝

【大会中】
・今回は意図的に実況を多めにしてみました。プレイヤーの人は結構集中してるんで実況聞こえないんではないかということで……
・自分の大会はきゃたつ先生にビジュ3問+奪取4問、計7問で撲殺されて終了。1点も取れんかったorz
・ちなみに個々の対戦結果はほとんど覚えてません。そんな余裕ないわ
・インターバルは賢押杯のCMと汐留組へのちょっとしたインタビュー
・今後もイベントのCMの場所として王子(とプロアンサーズ)を使いたいのであれば、やるなとは言わないんでせめて事前にネゴって欲しいです。連絡先知らないわけじゃあるまいし「事前に言ってよ」っていうのは今回が初めてじゃないはず、本人が来ないならなおさら
・ベスト8→準決勝→3位決定戦→決勝→ついに地元優勝
・一番印象的なのは適当さんの涙

【打ち上げ(あるいはメインイベント)】
・意外と和み亭便利なんですよね、あの人数で使えると
・一応毎回全テーブル回ってお話したいなーと思ってはおります、今回も多分できた、はず
・とうちゅうさんと長話。「高校生クイズって名前だから問題なんですよ」なるほどー
・相変わらず適当な話ばっかりしてたと思います、というか飲み過ぎて何しゃべったか覚えてない
・11月に大会やるってのは素面で言ったんだよな確か
・俺が胴上げされたのはおぼろげに記憶にあるんだけど石川さんとかEinさんとかが上げられたのは記憶にない

【2次会】
・周りに誰いたんだっけ、あんぱんはいたなぁ
・ということで終電気にして帰った記憶しかない、案の定翌日は二日酔いorz

ともあれ、今回もみなさんありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。