スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【先生と生徒のよくわかるかも知れないAnAn教室】1時限目「自然科学」の原案

先生:とりあえず、開講の前に言いたいことがあるのよ、私。
生徒:何です?
先生:私たちの名前を募集します!(びし)
生徒:……誰に言ってるんですかー?
先生:画面の前のあなたよ、あ・な・た! いつまでも先生生徒じゃ寂しいじゃない、素敵な名前がほしいのよ!
生徒:ということだそうです。宛先はこの辺(タモリ倶楽部的な感じで)

---

先生:で、1時限目は「各ジャンルの解説」ね。
生徒:といっても8ジャンルもあるんですよね。1回で解説しきるのは大変ですね……
先生:作者の方が50ページの読み切り作るってんなら話は別だけどアフタヌ○ンじゃないしね。というわけで今回はひとまず「自然科学」の解説からいこうと思うの。
生徒:よーするに「理系」ってことですよね。理科と算数ですね!
先生:算数って……まぁ算数もあるけど、基本的には理科と数学ね。
生徒:理系の問題をさらっと答える人ってカッコイイですよね! そんな先輩いないかなー……
先生:探せば?

---

先生:それはともかく、理科関連の問題は定理だの法則だのが盛りだくさん。医学や天文学もここに入ってくるわね。星座とか。
生徒:あたし、化学しか取ってないんですが……
先生:理科の全部の系統をカバーできてる人なんてほとんどいないから、せめて1つくらいは興味があるものを伸ばせるといいわね。
生徒:じゃあ星かなー。夏の大三角とかですよね!
先生:そうそう。そしたら「夏の大三角→冬の大三角→春の大三角」みたいな感じで知識も広がるわね。
生徒:頑張ります!
先生:あと、多答系では計算問題が出るのよね……私も計算はあんまり得意じゃないのよね。
生徒:どんなのですか?
先生:単純な四則演算から三角関数、メルセンヌ数、その他もろもろね。得意な人は余裕でパーフェクト、苦手な人はちんぷんかんぷん、っていう感じ。
生徒:三角関数なら知ってますよ! さいん・こさいん・たんじぇんとー!
先生:……まぁ1回、その問題に当たってみればいいと思うわ。

(15分後)

生徒:せんせー!(半泣き)
先生:はいはい、どしたの?
生徒:「値が有理数になる三角関数を選べ」って何ですか?
先生:……そのままの意味だけど?
生徒:3人が3人ともパーフェクトなのにあたしだけ崩しちゃいました……そんなに簡単な問題なんですか?
先生:知ってる人なら、ね。私は積めないけど。
生徒:……頑張ります(ぐずん)
先生:というわけで、今回はここまで!
生徒:また来週ー!

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。