スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊のふた刺し

J1第1節 東京 2-4 広島

前半頭に押し込みながら決めきれなかったことが一番のポイントだったのかなぁ。
吉本スタメンは結果として采配ミスなのかも知れんけど、決めるチャンスは山ほどあっただけに1点入ってれば大分違ってたろうなぁ。
決めきれないところに佐藤に最終ライン掻き回されて、吉本狙われた結果としたら、あんなもんなのかなぁ。
泣くな吉本。フットボールは続くんだよ。

まぁ本当はまだまだ試行錯誤の真っ最中なんだろう。
梶山もいのっちも平山も金沢もいまいち。福西は中盤で凄く利いてたけど、前線があれでは厳しいですよ。

開幕不敗神話は終わっちゃったけど、この1敗がいい方向につながるといいですな。
今年は自分達との戦いだ。

追伸:岡林信康は意外に良かった。

コメント

No title

お疲れさまでした~~
ホント寿人にやられた感じですね。
言われるとおり、まだまだこれなれていない感じ。広島は完成度高いですな。

まぁここで悪い部分も良かったのではないでしょうかね?

No title

この試合に関しては、もう本当に誰が悪いってことじゃなく、チームとしての成熟度の差だと思ってます。
半年かけてペトロビッチが熟成させてきたチームと、たかだか1ヶ月半(それもメンバーがごろごろ抜けながら)しかやってないチームの差でしかなかろう、と。
初っ端からきっついこと書いてるブログも散見されてますが、そんなに勝利ばっかり求めるんだったら他所行けばいいのに、とか思ってます。
というわけで、あんまり心配してません(w

まぁ、いちいち敵陣のコーナーフラッグに絡まる寿人は逝ってよしなわけですが(w

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。