スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のスポーツにおける武士の情けみたいなもの

今場所はあまり見れてないんですが、昨日の大相撲。
(JSportsでの「劇戦! 大相撲」はたまに見ております)
潮丸-雅山戦で、雅山が「優しく寄り切った」シーンがありました。
何でも、前日の取組で潮丸が膝を痛めていて、踏ん張りが全然利かない様子。それを慮った雅山が無理やり押し出さず、ソフトに寄り切った一番。
こういうシーンって、最近殺伐としてきた角界でもあんまり見なかったシーンだから、ちょっといいなー、と思ったわけです。

勝負事ってのは相手がいないと成立しないわけで、そういう意味では相手がいることそのものにまず感謝すべし、って発想は古き良き日本の伝統として大事にしてほしいなぁ。

さーて、今日は名古屋様戦ですな。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。