スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無償の愛がサポーターに要求されるのであれば

自分は東京のサポではないなぁと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

ともかくストレスが溜まっていたことに気づいた昨晩。
「声出してないからじゃー」と言われてああそうだなぁ、と思ったりするんだけど(昨日のAnAnの23時以降の成績がイマイチだったことも関係してなくはないかも)、だからといって何をするわけでもないんですなぁ。

サポとしては(自分がサポであるかどうかってことは置いといて、あぁじゃあファンって言ったらいいのか)非常に怠惰な態度であることは重々承知しているわけで。
ただ、無償の愛の対象になるほどFC東京は自分のカラダとココロには浸透していないんだよな。
だから、今年1部に残れないだとか、監督変えないとかってことになったら自分はSOCIO更新もしないんじゃなかろうか。(5ゲームスがあるならそっち買うんだろうなぁ)
残念ながら、今の東京にはそれくらい魅力がない。
ファイヤーワークスナイトの2.5万という観客がそれを象徴している。

一見さんの方だけを向いて営業してきた結果が、去年より5000人の観客減。
花火じゃなかったら2万切ってたんではなかろうか?
神戸戦はどうなるんですか? やっぱり2万切らないと危機感持たないのかね。

■■小■瑠■■
馬■■■■■石
■■浅■池■■
浄■■■■■徳
■■吉■藤■■
■■■塩■■■

来年こんなフォーメーションになるんじゃないかって話をしてた昨日。
梶山も今野も茂庭も伊野波も福西も平山も赤嶺もいない、そんな東京。
「気持ちを見せろ」って人にはたまらないのかも知れないが、気持ちを見たいんであれば少年サッカーの方がよほどいいんじゃないかって思う今日この頃。

気持ちが入ってればそれでいいのか?
最近はそんな感じに思考が転換しています。
「プロはやっぱりすげーぜ」って思わせることが必要なんじゃないのか?

奮起だけじゃもはや足りない。
カラダはホットに、ココロはクールに。
考えて考えて考えて考えて考えて、もう無理だってとこまで考えて、カラダ動かして、まだやれるって思ったらまた考えて。
今までと同じことしてたって勝てやしないんだから、今までと違うこと、今まで以上のことをしなきゃいけない。それが(サッカーに限らず)職業人としての業じゃないのか。
残り13節。

まさか営業サイドが「入れ替え戦になったらホーム1試合増えるぜー」なんて戯けた考えを持っていないことを切に祈りつつ。

うーん全然まとまらん。

コメント

No title

私は無償の愛というほどのものではないけど、
おらが町のフットボールクラブだから東京ファンです。
かれこれ10年くらい。
今の状態はまぁ腹は立ちますが、何をするわけでなく、自分と東京のスタンスをあれこれ考えるほどのものではありません。
多分降格してもかわらない。SOCIOでしょう。
だけれども、無責任に来年のことを言われるとそれはそれで腹が立ちます。
まぁ何が言いたいのかというと、気に入らないのなら1回離れてみてはどうでしょう?
プロっぽいサッカーをしているチームはいくらでもあります。
それで離れて東京にこだわる理由が発見できれば、また戻ってくればいいのです。

No title

魅力がない、つまらないと思っていることに労力と時間を割くのは人生の無駄遣いですよ。
強制されてるわけじゃないし、ファンやめれば?

No title

サポとは何か、ファンとは何かということはさておき、自分の気持ちに正直に、できる範囲の事をすればそれでいいんだと思いますよ。
5ゲームスチケットなら5ゲームスチケットで、いいじゃないですか!
観に行くのは何試合かでも、いつも東京の事を考えているわけでなくても、「今の」東京に魅力がないと思っていても、東京というチームが気になって、今後はより良いチームになってほしいという気持ちがあるのであれば、それは立派なファンだと私は思います。
あと、
>奮起だけじゃもはや足りない。
>カラダはホットに、ココロはクールに。
の部分も非常に共感を覚えます。刹那的に「気持ち」「勢い」「楽しさ」ばかりを追い求めた結果が、今の有様だと思いますので。

No title

私は悔しいけれど、この出来の悪い息子が気になって仕方がないですね。頭に来るけど、なんか変に期待しちゃったりして。
でも一つだけ言えることは東京が好きであれば、スタンスは関係ないと思う。ゴール裏で飛び跳ねてなきゃ、汗をかいてなきゃ、意見を言う資格がない、とか、いろいろ言っている人もいるようだけどね。
私は、来年のことは来年になったら考えたいかな、まずは目先の赤いチームに負けないことを、これは本気で考えたいですw

No title

>>つくねさま
正直、つくねさまのように考えられる方が羨ましいと、コメントを拝読して感じた次第です。
残念ながら自分の場合、FC東京は「おらが街」のサッカークラブではありません。(東京に住んで約3年ですし、近くにあるスポーツショップはレッズのオフィシャルショップです)
また、無責任に来年のことを考えたわけでは勿論ありませんが、このようなご意見が来ることも想定はしていました。(それゆえ、このエントリを上げるかどうかは直前まで相当迷いました。ブログは個人の落書きではないことは重々承知してもいますが)
プロっぽい、というのも表現がおかしいとは思いますが、「クラブとしての目的に向かうこと」というのが「プロっぽい」というものの一端だと考えていただければと思います。
全く持って自分の表現力の無さに恥じ入るばかりです。

>>ののさま
確かにそれも1つの選択肢だと思います。ですが、損得勘定だけで人間の感情は割り切れるものでもありますまい。

No title

>>murataさま
びっくりしました。いつもブログ拝読しております。
まぁ、そもそも「自分の気持ちに正直に、できる範囲のことをする」ってのが何なのかも判らんのが現状なんですよね。
望みすぎなんでしょうね、きっと。
自分の足が届く範囲に応援できるサッカークラブがあるってことは、きっとそれだけで幸せなはずなのに。

>>y_flugelsさま
残念ながら、自分にとっての「出来の悪い息子」は野球の方なんです。(そらもう万年Bクラスの大洋の弱さといったら!)
東京が「出来の悪い次男」になるには、多分あと10年くらいかかるんじゃないですかねw
あ、レッズ戦は行きますよ!(ちょっとその後のアウェーについては思案中ですが)

No title

うーん、無償の愛っすか。まぁ支えたく無い時は支えなくてもいいんじゃないですかねー?自分もかったるいって時々思うことが正直ありますが、スタジアムへ自然と足を運んでしまいます・・・。

まぁ東京を通じてこうやって色んな意見を書き込んでくれる人や実際に仲良くなった人がいたとしたらそれだけでも東京のファンになったことを幸せに感じたいですよね。・・・俺意味分からんこと書いてるなぁ(笑)

No title

>>TJLさま
やっぱりそこはクラブ成分がどれだけカラダに染み込んでるかの違いなんじゃないんですかねー。
ただ、去年の連敗の時は「頑張ってるんだけど結果出ない」って感覚だったのに、今年は「頑張らないで結果出ない」って姿勢にしか見えないのが何とも・・・

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。