スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズ難民の居場所は何処

オンラインクイズゲーマーのための早押しクイズ体験会

行っていいんだかどうだか判らんのですが、現在のところ参加の予定です。
オフラインクイズに関しては実質ン年やってない(昨日・先月と群馬にはお邪魔しましたが)わけですが、行っても大丈夫なものかこの手のイベントについてはずっと躊躇しておりました。

自分のオフラインクイズの実力はどんなもんかっつーと

「初心者サークルで普通に押すにはレベル的に問題が(お前が初心者言うな、って意味で)」
「オープンでやるにはもっとレベル的に問題が(単純に弱い)」
「早押しボード嫌い」
「そもそも【クイズ用に】勉強するつもりがない」

ってことで、長いことクイズ難民をやっていたわけで、そんな中上記イベントにコネクションがある(スタッフなんだろうか)友人が「なんなら熊熨斗に」ってことで話をしてくれたので、ちょっとイベントにお邪魔しようか、と思った次第。

そんな訳で、昨日群馬クイズ愛好会に行って「自分がオフラインクイズを辞めた理由」を再確認してしまったjin31110です。こんにちは。
(誤解のないように言っておくと、群馬クイズ愛好会自体はとてもいいサークルです・・・「自分の足がない」というのは通うのにネックだなぁ、とは思いましたが。しかも高崎線人身とかもうねorz)
ああ、自分は「早押しボード」が嫌いだったんだな、と。

ボードでもない、早押しでもない。
その上問題文はゆっくりゆっくり限定をかけていくようなものだから、「早押し」という体裁を一応取ってはいるものの、結局知識のない人間がハネられ、アップセットも起こらない。
知識のない人間がハネられるのは別にいいと思うけど、そこに「早押し」をくっつけて、さも一発があるような体裁を取っているのが許せないのです。

クイズの醍醐味にも色々あると思うんですが、ゆっくりゆっくり限定をかけるようなクイズを私は良しとしません。
短文・指勝負の方がスリリングだとは思いませんか?
(まぁ、実は早押しボード以上に嫌いだったのが「問題文最後まで聞いた上に答え聞いても何のことやらさっぱり判らん」という問題が氾濫していた当時の学生クイズ界だったのですが。それは上記の「そもそもクイズのために勉強する気がない」と直結します)

12月8日は50問くらい問題作って持って行こうかなぁ。

うーん、こんな愚痴くさい文章書くつもりじゃなかったのにな、今日の昼は。

コメント

No title

いやー、少なくとも日曜読んだ早ボの問題に関しては、「何言ってるんだかサッパリ判らん」的なネタ自体が多かったような…

No title

>>fa1さま
うーん、それにしたってあれで押せる人が結構いる(であろう)こともまた事実なんですよねぇ。
一昨日に関しては、「何だ?」でさっくり飛んでしまって大半をぼーっとしていたせいで思考がネガっている、ということもあると思います。
(お食事会の辞退はその前の回のGTOの打ち合わせに耐えられなかったからですが)

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。