スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち味で勝負





ラグビートップリーグ第8節 東芝 36-17 神戸製鋼

正真正銘今年最後の味スタ。
駅の木がクリスマス仕様でした。

レイバンの呪い? 福西今年はありがとん。

試合は立ち上がりから両チームにミスが目立つ展開でした。
神戸のキッカーが2本のPGと1本のトライフォームポイントを外してましたが、全部決めていれば後半有利に進められたでしょうに。
一方の東芝は、ゴール前で得たペナルティをキックにしてファンからブーイング。(むしろ野次)
これはもっとFW戦で勝負しろや、ってことなんでしょう。

後半はチームを立て直してきた東芝の一方的な展開に。
FW戦をことごとく制してしっかり勝ち点5をゲット。
前半生きてなかった持ち味を如何なく発揮しておりました。

ラグビーは観たい観たいと思いつつ数年観られなかったんですが、シーズンのうちにあと何試合かは観たいと思える試合でよかったです。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。