スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1日15分で劇的に変わる! プロアンサー維持の法則」感想文

何のこっちゃ、って方はこちらを。
というかむしろリンク先を先に読んでください。いいこと書いてます。

---

>>10段←→プロアンサースパイラル時代が一番辛くまたやりがいのあるゲームだと思うのだが、そうは言っても本人にとってしたら「いや、とっととプロ維持したいんですけど」と思うのは間違いない。
>>自分はプロスパ脱出組なので、その気持ちはよくわかるつもり。
>>「廃人になんか、勝てるわけねーよ」と思う貴方。
>>それは半分は正しいが、半分は間違っている。

幸運にもプロスパの経験はないが、勢いが乗るまでのプロ維持の辛さは想像に難くない。
プロの時点で与えられるパワーはたったの20万。4着3着で飛ぶ数字。
維持に汲々とするようでは維持は出来ないし、維持に走らなければならないほど偉そうな数字でもない。攻めるべし。倒れるなら前のめりに。
勝率7割オーバーのプロアンサーなんか数える程度、7割といっても3割はコケる。
虫食い、多答、チキンレース。指以外のところにこそアップセットがある。
そして勘と指で何とかなってしまうことがあるカード奪取。上位はとかく波乱を嫌う。
波を立てろ。揺さぶれ。

---

>>【1 プロアンサーの定義】
>>人によっては異論があるかもしれないが、以下だと思う。

>>・SSでの直近100クレの対人勝率が58%以上。
>>・SSでの直近100クレの4位率15%以下。

>>異論はあるでしょうが、これを達成できれば、おそらく大丈夫。
>>俺は……対人勝率は何とかなってるけど4位率は無理っぽいw
>>プロアンサーとは、「4位を極端に取らない集団」と考えるほうがより適切かもしれない。

1着4着は負け。(大会ボーナスを考えても浮きに回るのは結構厳しい)
0勝2敗、PO進出が厳しい(orNG)時の3戦目はネガティブな決勝戦。勝つか負けるかでパワーは8万くらい違う。

---

>>【2 それを達成するためには】

>>・問題を覚える
知識が一番の装備品。スタカンメモ上等。(自分はやりませんが)
指系統の形式であれば回答権取って押していくのかミスを減らすのかをまずははっきりさせる。
知識が増える喜びと回収乙は表裏一体。

>>・ジャンルレベル7を無くす
均等にGPを伸ばす必要はないが、へこんでいるジャンルが1個2個だと相手から執拗に飛んでくる。(それが相手が普段投げるジャンルではないとしても)
自己防衛のため、Lv8は確保したい。筆者に同感。

>>・積み重ねで負けない
鍛えやすいジャンルではあるものの、鍛えていなければアップセットは望むべくもないジャンル。
(参考:自称指乙な自分が現在最も勝率が高いジャンルが積み重ねです。最新100戦では唯一の8割超え)

基本的には自分の得意ジャンルを投げるのが一番。ただし自然科学は強者相手には本当に刺さらない。
(刺すのであれば大前提として計算問題はどんなものでも完答できること。それが無理なら絶対に投げてはいけない)

微妙な答えには手を出すな。ただしSSでの解答数は最低6、違うと確信できる選択肢が4つ見つかったら迷わず全部飛び込め。

>>・プロアンテスト
指摘の通り運ゲー。要するに「5クレ10勝がうまいことテスト中に巡ってくるか」。
ここまで来た人であれば1回のテスト落ちの後に2度とテストに突入できないなんてことは絶対ないので、落ちた場合は再チャレンジを目指したい。

>>・2位通過からの1位(1位格上の場合)
基本的には相手の得意形式になるが、チャンスが全くないわけでもない。
ビジュアル・連想は相手の8秒ペナなんか待たず、判った時点で押して答える。2位通過が欲しいのは7問目。
ダイブ上等、遅答上等。格上はそんなことで文句を言わない。
焦りの先にミスを生ませろ。

コメント

No title

計算問題も難問は普通に完答できませんが自然科学投げてますorz>積み重ね

○○の約数、も油断すると間に合わないときがあります。
いつもまず最初に素因数分解から入るのが悪いのでしょうか。
分解作業で一瞬でも迷うと間に合いません。
あと、余所見してて出遅れることもあります(それはただのバカです)

No title

>>リムリアさま
素因数分解からは入ってないですね自分は。
一度やってみたんですが、どうも自分の脳みそには合わないようです。
自分の場合は数字を1個1個検証した方が答えが早く出ますね。この辺は人それぞれですが。

余所見は危ないですねーw

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。