スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人身御供と引き換えに得た一体感

3つ下の「飼い殺しきれる器じゃなかった」を読んでからこっちを読むと、ほんの少しだけ楽しめるかも知れません。楽しめないかもしれません。

フッキ対談について川崎サポからほとんど「残念」の声が聞かれなかったのは前述の通り。
そこにあったのは、過剰なまでに強調される「チームとしての一体感」だと思っているのですが……

実はサポの方々は、既にクラブの崩壊の前兆を感じているんではないですか?

J2落ちしてからJ1復帰までの間に培われた、川崎フロンターレというクラブの一体感。
昨年ACLを戦い、グループリーグを突破。終盤まで優勝争いに絡み、ナビスコカップはファイナリスト。
気がついた時には、J2での一体感は勝利へのベクトルに置き換わり、勝利をもってしか一体感を持ちえなくなった。
そして今年の不調。去年のメンバーに加わったフッキと山岸。それに符合するように勝てなくなったクラブ。
いきおい、彼らに責任をかぶせ、フッキをスケープゴートにして自分たちの寄る辺を維持するくらいしか、今の川崎サポが一枚岩を保つ方法がないのかも知れません。

チームあっての個なのか、個が集まってのチームなのか。
先日読んだ「GIANT KILLING」は非常に示唆に富んでいます。

要らないなら戻さなきゃいいのに。
選手だって人間なんだ。ただのデータじゃない。
王様でいられ、活躍できたチームから無理やり引き剥がされ、連れて来られたチームでは外様扱いの上チームの不調の原因を全て背負わされる。
彼の心はいたく傷ついたんじゃないか、と思うのはあまりにもセンチメンタルに過ぎるでしょうか。

かわいそうな、フッキ。
彼が安住の地を得られることを祈っております。

コメント

No title

「飼い殺し」「要らないなら戻さなきゃいいのに」の意味がわかりません。

>フッキ選手より3月17日(月)に退団をしたいとの申し入れがありました。

という発表ですが、それまで2試合とも先発起用されてます。
ヴェルディ戦はフル出場、神戸戦は0-2で負けてる後半に交代しました。
そして交代が不満で負けてるのに歩いて戻り、監督との握手を拒否、それ以降練習に出ていません。

サポとしても、「そんな勝手なやつならいらないよ」という感想でしょう。
シーズン開始前まではもちろん、退団発表前までは時間がたてばフィットすると思ってましたよ。。
フロントもジュニーニョの後継者として期待してなけりゃ、リスクの高い5年契約なんかしませんよ。

No title

まあ開幕1週間、2試合目で退団を申し出たってのは、あくまでフロントの発表なんで、
フッキの言い分も聞いてみたいところではあります。

No title

>>川さま
わざわざこんなところでコメントありがとうございます。
(煽りじゃなくて。どっかの川崎サポさんのところに書こうかなとも思ったのですが、正直書ける雰囲気ではなかったので)

去年の川崎の破壊的な攻撃力はFWももとより、中村・谷口・マギヌンあたりの展開力も大きな要因だったんではないかと思うのです。(あくまで外からの意見ですが)
そこで中盤を1枚削ってまで3トップにする必要があったのかと。
ジュニーニョがファーストチョイスになることは間違いないでしょうから、テセ・我那覇・黒津・フッキをどう使うか・何枚使うかで迷うことはサポならずとも判りきっていたことではないでしょうか。

今の川崎であれば外国人枠をFWに3つ使う必要もないところでフッキを復帰させたということが、「破壊的3トップ崩壊」と新聞に書かれる状況を生んだんではないでしょうか。

神戸戦の後はフッキに対する批判的なエントリも数多くありましたよね。
そこでスタッフがどれだけフッキのケアをしたのかな、ということもあります。

今回の一件が「角を矯めて牛を殺す」ことにならなければいいなぁ、と川の向こうからこっそり願っておくことにします。

No title

>>川さま(追記)
フッキのコメントは聞いてみたいですけど、多分無理でしょうね。
川崎さん的にも今更聞いたところで、という感じではないかと。
ただ2試合で退団に至るってことは、どこかでお互いが(どちらかだけが悪いということではなく)決定的なボタンの掛け違いがあったんでしょうし、サポのほぼ全員がフロント支持に回っている以上、フッキのコメントにどれほどの意味があるのかなぁ、と思います。
聞いてみたいことは間違いないんですがね。

No title

「飼い殺し」「要らないなら戻さなきゃいいのに」は勘違いですよね?
気になったのはそこだけです。
多分ナビスコに出場してないからそう思われたのだと思いますが。

怪我ということでメンバーに入っていませんでしたが、
実際には既にフッキから退団の申し入れがあったわけです。

No title

>>川さま
これ以上はお互いに主観の域を出ない(お互いにどちらかの意見に合わせるつもりもないでしょうし)でしょうが、ヴェルディから川崎に引き戻した上で試合に出さないのであれば(それがクラブの方針に合わなかったからだとしても)本人にとっては飼い殺しでしょう。
そして少なくとも、ヴェルディにはフッキの居場所はあったわけで、もしチームに必要なんであれば別に慰留の方法はあったんじゃないかなぁと思います。

ただ、ナビスコの時点でフッキが退団の意思を固めていたということであれば、フロントも手を尽くして慰留したんだと思いますから、「要らないなら」というくだりについては必ずしもあてはまらないかも知れませんね。(エントリに手を加えるつもりはありませんが)
問題はもっと前の段階であったんじゃないですかね。

何にせよ、川崎・フッキ両者にとって不幸だったことだけは間違いないと思います。

ちなみに川さま的には当エントリで書いたサポの姿勢に関してはどう思われてるんでしょう?
むしろそちらの方が「何も知らないくせに勝手なこと書くなや去年チンチンにされたくせに」と思われそうなものですが。

No title

>ヴェルディから川崎に引き戻した上で試合に出さないのであれば

ですから、これはどこから判断されたのでしょう? 2試合とも先発出場してます。
それとも2試合で147分の出場では、本人にとっては飼い殺しでしょうか。
でしたらカボレには十分退団の資格がありますよ。

No title

それからサポーターの反応についてですが、
さっかりんから見たぐらいですが、特に過剰に叩かれているとは感じません。
残念だという意見もググればヒットしますし。
憎しみと言うより、なんでそんな馬鹿なことを…という憤りですね。
期待していただけに残念です。

フッキをスケープゴートにしてるというご意見にも、あまり同意できないですね。
マルクスの方がよっぽど叩かれてましたよ。あの時は前半戦を首位で折り返してました。

何にせよ、期待していた選手が開幕1週間で自ら退団してしまったら、
どこの国のどのスポーツでも批判されると思うんですがどうでしょう。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。