スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッチの中に2つの頭脳

J1第5節 東京 1-0 札幌

後半明らかに消えかけていた羽生。
てっきり長友INの時には羽生OUTだと思っていたんですが(実際には大竹OUT)、冷静に考えてみたら今の羽生はピッチ上の頭脳なわけで、そこがなくなってしまうと去年みたいなサッカーしかできないんだろうなぁ、と思うわけです。
それを考えるにつけ、現在のチームにおける羽生依存度は相当高いもんなんだな、と思ったり。

もう1つの頭脳はブルーノ。
明らかに東京のラインは前々節より上がっていたと思うんですが、この日のラインコントロールはブルーノだったとのこと。(てっきり佐原がやってたと思うんですが)
塩田ともよくコミュニケーションを取っていたようで、何より。
この日は両サイドが上がりを抑えていたとのこともあり、急造DFラインには最低限のタスクだけを行わせ、自分の仕事をきっちりさせていた、という点は評価できると思います。

内容的に微妙だとか言う人も結構いるみたいですが、そもそも中2日3連戦の3戦目に内容を要求できるほど今のチームって成熟度高いですか?
内容を要求するのは別に構わんとは思いますが、戦術練習なんてほとんどできてないでしょうに。
そういう意味では、シンプルに勝ち点3を取りに行って、そのタスクを完遂させたことを評価したいと思います。

塩田 6.5 実はあまり出番なかったものの、ビッグセーブがなかったら勝ち点は1だった
徳永 6.0 上がりを抑えて無失点タスク完遂。自分の仕事をきっちり
佐原 6.0 立ち上がりのキックミス以外は合格点。与えられた役割をまずは果たした
ブルーノ 6.5 ようやくお目見え。いいラインコントロールといいフィードで勝利に貢献
金沢 6.0 東京が誇る仕事人。左サイドにきっちり蓋をしていた
梶山 5.5 調子落ちなのか、いい時の存在感が感じられない
今野 6.0 いい意味で目立たなかったのは孤軍奮闘する必要がなくなったからか
浅利 6.5 これぞいぶし銀のアンカー。中盤にかけた堅い鍵を最後まで守り通す
羽生 5.5 消える時間帯多し。連携についてはまだまだ煮詰める必要がありそう
大竹 6.0 だれた時間帯でのポスト直撃弾でチームを蘇生させた。あとは90分
→長友 6.0 前線からのチェイスという役割をしっかり果たした。次節は90分でしょう
カボレ 7.0 ストライカーの本領発揮。味スタに半年振りのリーグ戦勝利をもたらす
→赤嶺 5.5 ノーチャンスの時間帯でもやることはしっかり判っていた

城福監督 6.0 チームの舵取りをしっかり行いゲームを締め切った

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。