スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An×An週報 6/1~6/8

週報とはいいつつも、えらく適当なスパンで細々と更新しております。
今回も例のように、小数点以下は第6位四捨五入となってます。

パワー +180(4.18605/Cr)
順位分布 22-12-7-2(優勝率.51163 PO進出率.79070)
総合 99-41(.70714)
早押し 32-15(.68085)
フィニッシュ 4-4(.50000)
爆破 17-2(.89474)
ビジュアル 16-4(.80000)
奪取 5-3(.62500)
虫食い 4-3(.57143)
連想 9-4(.69231)
積み重ね 4-1(.80000)
チキン 8-5(.61538)

フィニッシュが芳しくないですね。どうしてもリードを許す展開になってしまうと厳しいものがあります。もちろんそこから頑張ってひっくり返せればいいんですがねー。

今週のクレ数は43でした。感覚的には随分少なかったように思っていましたが(集計期間8日中ノーアンアンが3日)、これでも普通の感覚からすれば十分「やりすぎ」のような気がします。
ちょっと諸々あってモチベーション維持が大分しんどくなってきているんですが、まぁぼちぼちやっていきましょう。

コメント

No title

この期間中は早押しでいじめてくれてありがとうございました(´・ω・`)

私の最近の持論は「期間勝率はプレイ頻度によって一意に定まる一次関数である」です。6月に入ってプレイ数伸ばしたら、かなり分かりやすく勝率が上がりました…。

まぁ、「あーこの問題昨日見たな」ってのが確率的に増えてるだけの気がしますw
頻度落とすと勝率伸ばすのも大変そうですが、頑張ってくださりませ。

No title

『AnAnの問題は期間によって、
問題出現頻度(レア度)が変えられている』
が持論の私が来ましたよ!! 根拠?ないです(きっぱり)
でもそんな気がします。

No title

>>リムリアさま
あれー? そんなにやってないでしょうに。1回だけですよきっと(´・ω・`)
やっぱり数に比例するんでしょうなぁ。一時期は普通に週で100クレに届きそうな時がありましたからなぁ……
まぁぼちぼちとやっていきますよー。

>>ベラミさま
問題テーブルは定期的に変わってるんですかね?
全然判らんですが、それはそれでいいなーと思うですよ。
そういやQMA熱が急速に冷めてきてますよ! アニゲがありえなすぎですorz

No title

一次関数じゃなくて一元関数でした(´・ω・`)
数学用語もまともに扱えなくなるとは…学生時代は斯くも遠くなりにけり。

テーブルが変化してんじゃねー?と感じることはありますねえ。
まぁ、立証不可能なんでアレですがw
結論としては、単なるムラだと思います。偏るのは当たり前っていう。

No title

>>リムリアさま
まぁそうなんでしょうねぇw
ただ、集中的にやった方が問題はやっぱり引けるわけで、その分押すポイントも掴みやすくはなりますなぁ。
今のところ引退とかする予定はないので、ぼちぼちやっていきますー。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。