スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢押杯はいい大会だったので

あえて「ここがこうだったらもっといいと思うよ!」なことを。

・問読みは噛まないでほしい
今大会はわりと長めの問題が多かった印象があるんですが(これまでがどうだったかはよく判らんですが、少なくともここで触れているような「少しの前振り」だとは思えませんでした)、その理由のひとつは「問読みが噛む場面が頻発していた」ことではないかなぁ、と思っています。
(決勝のくまぽんさんはよく読んでいたと思いますが、それでも緊張されていたのか多少噛んでしまう場面が見受けられました)
噛むような問題文になってしまっていることが問題なのか、単に下読みが甘いだけなのかは判りませんが、今回のように「誤答に厳しいルール」を採用するのであれば、噛まないで問題を読むことは問読みの最低限の責務ではないかなぁと思います。

・問題文が冗長
好みの問題なんですが、個人的には「この問題は少なくとも自分ではこう作らないなぁ」というものが多くありました。
何というか、「やたらと長い前振りなのに誰も反応してくれなくて結局最終限定で一斉に押される」ってのは個人的にはどうかなぁ、と思います。(誰も反応しないならその前振り要らんやん、と)
準々決勝Bの早押しボードの問題は見ていないのですが、今回の早押し問題は「本来であれば早押しボードで使うべき問題のオンパレード」ではなかったのかなぁ、と思います。(jin31110が早ボ嫌いだとかってのとは全く別の問題)

・誤答に辛い形式での引っかけ問題
結局3R3組2×失格で飛んでしまったので以下負け犬の遠吠え。
誤答に辛い形式を用意するのであれば、振る問題・冗長な問題はそれなりの覚悟を持って作ってほしいと思いました。
「ダルビッシュ→メガネッシュ」に振る問題は振り先があまりにマイナーであるにも関わらず有名人かと思って読ませ押しする人が出るでしょうし(どうやらjin31110以外にもリムリアさんが同じく読ませ押しで誤答したようです)、「ドラクエ3ではこの呪文を覚えるまでアリアハンに帰れないため延々レベル上げをするプレイスタイルがあると言われる」ってそんなに人口に膾炙していない振りを持ってきてどうするのでしょう。ルーラ程度ならともかくアバカムまで覚えないと普通の人はアリアハン出ないんでしょうか。
とまぁ、ちょっと後味の悪いトビになってしまったなぁ、という印象が拭えない感じでした。「ああそっちじゃない」の先に納得感があったり、もう完全にバカ押ししての飛びなら納得もするのですが、「オンラインクイズプレイヤーの早押しクイズNo.1決定戦」というには押しに我慢を要求する問題が多かったなぁと思いました。

まぁ、こんな愚痴書いて何になるかなぁ、と思わなくもないのですが、個人的には賢押杯2007の問題が総じて良質だったと思っていた(「あ、そこで押せるんだ!」ってことが判るのであればたとえ問題が真っ青でも納得できるものです)ので、ちょっとその問題の質の差に戸惑ったところはあるのかも知れません。(AnAnの問題の質だって決して良質とは言えないものも多いですが)
身も蓋もない、そして失礼を承知で言わせていただくのであれば、今回の問題は「振りの楽しさに目覚めちゃった人が多くの振りを付けた結果冗長になってしまった問題が多かった」んではないかなぁ、と。
(ぶっちゃけた話、ペーパーの問題が早押しに来ていればよかったんではないかな? と結構本気で思います)

もちろん、この個人的見解に対して今回の上位進出者の地位が揺らぐものでは全くありませんし、ペーパーの問題はいい問題が多かったと思っています。念のため。

コメント

No title

準決勝では応援していただいてありがとうございました。そして、期待に応えられずごめんなさい。
僕は賢押杯のような「フリの長い問題」には慣れているので何とも思わなかったのですが、そのような感想を持っていらっしゃったんですね。メガネッシュは旬から逸脱していた気がしますが、アバカムのエピソードは結構有名で、ぼくの友人もアバカムを覚えるまでアリアハンから出ないプレイをやっていたのでフリだけで答えの予想が付きました。少なくともミスリードを誘うような問題じゃなかった気がします。
まぁ、こういう話は打ち上げでやりたかったですねぇ。打ち上げでいろんなAn×Anのプレイヤーの方とお話ししたかったのですが、結構帰った方が多くてションボリしました。
また機会があればのんびり飲みましょう~

No title

>>まんづきさま
準決勝はお疲れ様でした。さぞやハイプレッシャーだったかと思います。
まぁ振りが長い問題が嫌いなのは昔からなんでしょうがない(個人的な好き嫌いの問題です)と思いますよー。アバカムのエピソードについてもどっか記憶の奥底にはあったようななかったようなな感じですし。
ただ打ち上げについてはAnAnプレイヤーで遠方から来ていた人が結構多かった(前日の王子イベントもあって)こと、一貫して「QMA派生の大会であることが伺えた」ことを考えると、AnAnプレイヤーに対する訴求力はちょっと厳しかったかも知れませんね。(私も打ち上げよりAnAnプレイヤーとの合流を選びましたし)
ただ自分も「月曜日にQMAやろうかな」くらいには思いましたんで、そういった感想を持たせたことは十分成功として評価できると思うですよー。

No title

確かに賢押杯はQMAから派生した大会ですからね。An×Anプレイヤーの方々は早押しに慣れていても、問題のジャンル配分に驚かれた方も多いと思います。アニゲが2割出る上に、マニアックな問題が多いですから。
QMA発のクイズサークルがあるんだから、Answer×Answer発のクイズサークルがあってもいいのかもしれませんね。
それでは、失礼しましたー

No title

>>まんづきさま
それは同感ですねー。
まぁ個人的に「やれんのか、おい!」って言われたらしり込みしてしまいますがw
アニゲ2割は別に構わないと思うですよ。AnAnプレイヤーはそれについては納得づくだと思いますー。
つか近いうちに川口で店対しませうw

No title

8月10日(日曜)に自分主催の企画をやるので、他人事ではない記事でした。参考になりました。

>アバカムの問題
フリの内容自体はまったく気にならないのですが、文法的にかなり気になりました。(ちなみに、自分もネタはわかりましたが)

Q.ドラクエ3ではこの呪文を覚えるまでアリアハンに帰れないため延々レベル上げをするプレイスタイルがあると言われる・・・

の「この呪文」ってのがかなり気になりました。続きに「~言われる」という連体形の用言があるので、問題文のラス限の(答えとなるであろう)体言につなげるとすると、

「この呪文を覚えるまでレベル上げをすると言われる呪文は何?」

という疑問文ができちゃうような気がするのですが、どうなんでしょうか?(^^;)

自分だったら、

Q.ドラクエ3では、アリアハン大陸で延々レベル上げをして、魔法使いに覚えさせてしまうプレイスタイルもあるといわれる呪文で、使用するとドアを開ける効果があるのは何でしょう?

上述のように、同格の「で」を使えばよかったような気が致しました。

以上、文法バカの戯言でした。m(__)m

|彡サッ

No title

正確な問題文を知ることができたので、貼っておきます。
ほぼasumiさんの予想通りの問題文でした。
「『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する呪文で、第3作ではこれを覚えるまでスタート地点であるアリアハン大陸から出ないというプレイスタイルもある、どんな扉でも開けてしまう効果があるものといえば何?」

> リムリアさん
ご無沙汰してますー。
機会があれば是非挨拶をしたかったのですが、部屋が違った上にあれだけの参加者では仕方ないですね…

フリが青くて普通の答え、というパターンの問題が多かったために青い問題の比率が高く感じられたかもしれません。

最近短文系が流行りなので、長文系の大会がたまにはあってもいいよねー、とは思います。先のコメントにも書いたとおり、賢押杯はQMAから派生した大会なだけあって「知識試し」の色が強いんですね。だからフリを長くして「分かる人はそこで押せる」ような問題にしているんでしょうね。
まぁ、だからといってミスリードを誘うような問題を作ってはいけませんけど。

No title

まんづきさんがいらっしゃいますね。大宮では散々お世話になったのに、賢押ではご挨拶もできず失礼しました、チラとお見かけしたのに、その場で声をかければよかったなあ。

長文云々は、あんあん感覚で勝手に飛び込んだ自分が悪いのは十二分に分かっているので(個人的好き嫌いは別にすれば)特に不満はないのですが、青い問題の多さの方は相当違和感強かったですねえ。2割ある、というのは予め分かっていて、かつ私自身相当に青寄りであるにもかかわらず。

No title

思うのですが、最終的な落としどころが青くない問題でもフリの時点で青い(しかも相当マニアックな)内容を含む問題がかなり多かったのではないかな?と。フリが長い=ジャンル横断的にブン回す問題が多く、長文問題に慣れない「オンラインクイズゲームしかしたことがないプレイヤー」の一人であるところの私には相当違和感があり、慣れるまで苦労しました。というかそれを理解したのは失格してからのような気がしますw
そういう問題を含めれば、青い問題は2割どころではなかったのかなあと。別に青に限った話ではないですが。

No title

しまった、一度削除して書き直している間に前後関係がおかしく…失礼しました。

アバカム問題は、私も「~プレイスタイルもある/」の辺りで人に押されて、「ああしまったアバカムのことだ」と思ったので、マニアックさの度合いは別にすれば、フリとしては成立しているかなと思いました。押した方はルーラと答えていましたけど。

メガネッシュと言う単語は、それ自体ミーさんの書き込みで初めて知りましたがw
会場では続きと答えを読まれているときですら、何を言われているのか全く理解していなかったのでしょう。

No title

>>asumiさま
問題文中の「この」を嫌う人は結構いるみたいですね。(自分も嫌いです)
ちなみに「アリアハンに戻る」にはルーラで十分ですね。多分自分も問題聞いてる時にそこを勘違いしたものだと思われます。アバカムを覚える理由についてはネット調べたら色々書いていたので、問題文にそれが入ってたらこの問題って笑いを取れるものになってたと思うんですよねぇ。
あ、大会頑張ってください&やりOP頑張ってくださいー。つか俺やりOPの出場資格なかったのかorz(いや行けませんが)

>>まんづきさま
うーん、やっぱり自分が問題作るなら「なぜアバカムを覚えるまでアリアハンから出ないのか」って理由はほしいですねぇ。
昨日ちょっととある方と話していたんですが、メガネッシュにしても「問題。かつて甲子園に出場した選手で、ダルビッシュといえば現在の所属は日本ハムですが、メガ/」と問題を振ってもらえれば振られた方も納得感があるような。
でもドラクエの問題もあれで100文字ないんですねぇ……相当長く聞こえたように思えたのは気のせいでしたかそうでしたかorz

No title

>>リムリアさま
ジャンル横断的な振りはオフラインの醍醐味でもあるんですが、個人的にも「青から~へ」「~から青へ」という振りは他に比べて多かった印象があります。
もちろん、振り全部が悪いわけじゃなく、個人的にはマロン部屋最後の答えになった「マジカル☆さゆりん杯」なんかは真っ青に見えて赤からも解答捻り出せるいい問題だったと思います。笑いも取れますしw
ちなみにルーラと誤答したのは私もですが何かorz

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。