スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイイレじゃないんだ!(2年ぶり)

北京オリンピック予選リーグ U-23日本 1-2 U-23ナイジェリア

常々「国際舞台では結果が全て」と仰るセルジオ越後が「この世代ここで終わりじゃないんでね、次の試合でいい戦いしてもらいたいですね」みたいなことを言っていたのは、この世代には結果を要求することすら酷だったのかな、とふと思ったり。

まずもって、選手たちはお疲れ様でした。
とっかえひっかえ呼ばれて放り出されてまた呼ばれと4年間心休まる時はほとんどなかったんではないかと思います。
本戦に行った18名も、途中で呼ばれた70余名も本当にお疲れ様でした。
(3戦目はありますが、所詮日本にとっては消化試合ですから)

どうしてずっと戦ってきた選手を信じられなかったのか。
この状況でいきなり選手選考をひっくり返した挙句に負けたということであれば「こっちの奴らの方がうまいことできたんじゃないか」という意見は出てきて当然。
特に予選からずっと戦ってきた選手を本戦で落選させ、「逆転で」メンバーに入った選手がこれだけ多いのであれば。

負けたことが問題ではない。
ベストを尽くせずに負けたんではないかとみんなが思ってしまったことの方が問題なんだと思います。

常々「現実のサッカーはウイイレとは違う」と感じていますが(このブログ見たら3年連続で書いてました。しかも去年は2回も)、反町監督がやってきたことは「ウイイレみたいな選手の組み合わせ方」であり、それが失敗したことの証明が「FW4人連れて行ってるのに何故かワントップ」というちぐはぐな布陣でしょう。
FWを1枚外して梅崎や金崎を入れるチョイスもあったでしょうし、ずっと軸にしていた平山を入れる選択肢もあったでしょう。本気で勝ちに行くのであればOAも当然入れるべきだったし、入れないのであればもっと前から無駄をそぎ落としたソリッドなサッカーを志向しなくてはいけなかったんじゃないかな、と思います。

コメント

No title

っていうか根本的に言えば・・・反町を選んだ協会に問題があると思っています。アルビでそれほどの実績を残したとは思えないし、逆に、国際舞台に立つには早すぎ。オシムなり岡田の下で4年間やってからやらせるべきだったと思います。

No title

>>y_flugelsさま
ご無沙汰しておりますー。
協会の責任はもちろん重いものだとは思いますが、それでも反町に問題がないとは言い切れないですよなぁ。
個人的に彼は「限られた状況の中で結果を出すことに長けた人材」だと思っております(今でも)ので、逆に素材が有り余ってしまった状況では厳しかったんじゃないかなぁと思います。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。