スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表の現在地とこれからを思う

2010FIFAワールドカップアジア最終予選第2節 日本 1-1 ウズベキスタン

勝ちたかった試合ではありますが、内容的にもドローで妥当でしょう。
ウズベクは前半のいいプレスあり、後半はどこかで(恐らく瞬間的に10人になったあたりからじゃないかと思いますが)ドロー狙いに切り替えたということもあり、うまいこと試合を運ばれてしまった印象です。

アタッキングサードでのアイデアがまだ足りてないこと、中盤でしょうもないボールロストが多いこと、ディフェンスラインの判断が甘い(失点シーンなんか普通にクリアしてればいいでしょうに)ことなどの課題はありますが、久々にガチの試合をやってる代表ってのはそれなりに楽しいもんですな。

ところで、今回のメンバーの中でアテネ・北京に出た選手って5人くらいですかね?
その下の香川あたりが頭角を現してきているところをみると、この2世代って失われちゃったんですかね?

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。