スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムアップまで、諦めない。

J1第27節 東京 3-2 磐田

オンラインクイズ関連の皆さん、ここは元々FC東京ブログだったんですよ!

石川が簡単そうだったどフリーのシュートを外した直後のワーワー状態から流し込んで先制したはいいものの、権田がまさかのポロリ、その後李根鎬に(こっちの方が登録名として格好いい気がするんですが、読めないか)どフリーで決められた時にはどうなるものかと思ってましたが、対磐田戦最終決戦兵器は健在でした。

この試合、前半から達也を生かそうという意識が非常に強く見えた試合だった(特に梶山と平山の「うちの背骨」ライン)んですが、いかんせんカボレと違ってキープ力が足らず、ボールが入ったはいいもののロストしてしまうシーンが多く見られました。
ただ達也を走らせることによって相手のDFラインは多少なりとも下げられたんではないかと思います。スペースのない場面では赤嶺の方が生きると思いますが、その前段階でラインを下げる役目は果たせていたのかな、と。

平山が潰れて(インタビュアーは毎度微妙なことを聞きますが、お立ち台の人は毎回「予想のちょっと斜め上」を行くので、人選は楽しみではあります)石川が決めたシーンもそうだし、やっぱり平山が潰れて長友が決めたシーンもそうですが、カボレというスーパーな選手がいなくなってしまった現状、チームとして人数と手数をかけて点を取りに行って(椋原CBって本当なら失神ものですよ、その危うさにおいて)、結果が出たってのは非常に喜ばしいことだと思います。

赤嶺の決勝点についても、点そのものは長友からピンポイントクロスが上がった時点で勝負ありだったわけなんですが(何せ合わせる側は「体勢崩した状態でシュート打たせりゃ日本一」ですからw)、全員で勝ち点3にこだわった結果のゴールだったんだと思います。
やっぱり笛が鳴るまで諦めちゃいけないんだなぁ、と思いました。
(そういやこの前の賢押杯の決勝もそうでしたね。終盤のタイムアウトの時に解説のミーさんが「まだ何も手にしていない」と言ってましたが、別にクイズやサッカーに限ったことじゃないんだよなぁ)

今日はこれから舎人公園でサテライト見に行ってきますー。
コメレスは戻ってきてからの予定。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。