スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、他に手はなかったのか

2010観戦記 No.001
第63回ライスボウル 鹿島 19-16 関西大

関西大学が勝ったのであればMVPは文句なく小原君(DB)だった(何せ関西大の16点は全て小原によるものでしたから。INT→TDを含めて)んでしょうが、よく鹿島が凌ぎきったなぁ、というゲーム。

前半、鹿島のOFの出来は最悪。QB山城が最初のパスを小原にINTされ、全くいいパスが出せなくなってしまう。そこそこにランでのゲインはあったものの、全くTDまで持っていける気配がない。逆にDFはよく踏ん張り、DFチームとしては最後までTDを許さず。その上SAFで終了間際に2点を返し、DFの好調さを見せつけて前半は10-2で折り返し。鹿島のDFは絶好調、DFが持ちこたえている間にOFが復調すれば鹿島の逆転は十分ありそうな感じでした。一方の関西大はINT以降はなかなかボールを運びきれなかったがQB原口は絶好調、先にTDを追加できればというところ。

後半も関西大は小原の34Y-FGを決めて突き放すが、QBが仲田に変わった鹿島はその小原が付いていた小嶋にTDパスを通す。2P-Convも成功して3点差。関西大は次のシリーズ、小原が43Y-FGを決めて6点差に離し、4Qへ。

4Qでは鹿島のK鹿島が28Y-FGを2本決め、8分残してついに同点に。その後関西大学が放ったスペシャルプレーはイリーガルフォワードパスの反則を取られてしまう。そしてタイムアップ寸前、鹿島が25Y-FGを決め、逆転したところでタイムアップとなったのでした。

個人的には日本のアメフトとNFLは全くの別物だと思ってまして(NFLではこんなにQBは走らないし、そもそもの身体能力が全然違いますし)、日本のアメフトを初めて見たときにはその違いに随分戸惑ったものです。
別物と割り切ると、これはこれで楽しいものなんですけどね。
ひとまずライスボウルを持って、本家よりも一足早く日本のアメフトシーンは終了するわけなんですが(NFLはこれからが本番だし)、来年も日程が合えばライスボウルは見たいなぁ、と思ったのでした。

※ちなみにこの日は贅沢して指定席で見てみました。布張りのシートにドリンクホルダー付きってのはいい環境ですねえ。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。