スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Answer×Answer the Grand Championshipという架空の大会

「A-1近いのにこんなこと書いてるんじゃありません!」とベラミさんあたりから突っ込まれるのは承知の上で。
思いついちゃったものはしょうがない。

例によって以下の大会は架空の大会なんで今後実現する保証は一切ありません、そのつもりで。

【Answer×Answer the Grand Championship】

参加人数:16人 ※各地の予選を勝ち抜いた人に参加資格を与える
レギュレーション:ダブルイリミネーション式トーナメント

※ダブルイリミネーションの詳細
16人でトーナメント戦を行います(A:メイントーナメント)。敗者はそれまで勝った相手の人数によって敗者復活トーナメント(B0~B3)に回ります。

B0:A1回戦敗者(8)
B1:Aベスト8敗者(4)
B2:Aベスト4敗者(2)
B3:A決勝敗者(1)

AおよびB0~B3の各トーナメントの勝者が優勝決定トーナメントに進出します。

優勝決定トーナメント1回戦はB0~B3の勝者同士で組みます。Aはbyeとなります。
優勝決定トーナメント準決勝はA-1回戦の勝者で2組を組みます。Aが両方の対戦で勝利した場合はこの時点でAが優勝、Aがどちらか一方の対戦のみ勝利した場合は残った組の勝者と優勝決定戦を行います。

多分これで全員の「優勝までに必要な勝利数」は同じになってるはずなんだけど、どうでしょう?(6勝すれば優勝、2敗すれば敗退)

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。