スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3バックの時代。

もうぶっちゃけですね、猫も杓子も4バックバンザイな時代にこちとら3年くらい前から飽きてきてるわけですよ、とガスサポが酔っ払いながら今回は始めてみますです。
このブログは「サッカーブログ」でもありますゆえ。

両翼が昔からなぜか代表クラスだった東京をずっと見てるとそんなに感じないわけですが、世のチームの中には無理やり4バックにしてるクラブってあると思うんですよ。
そもそも「できる奴はとりあえずサイドバックにしてみる」的なブラジルと違って、日本のできる奴って中盤の前目に来ることが多いわけで、どうしても後ろのメンツって地味になりがちなんだと思うんです。

翻って、今のクラブってどこもかしこも4-4-2になってるんであれば、いっそ広島みたいに3-6-1にして「相手のツートップには3枚で対応、代わりに中盤を分厚く」というようなアンチテーゼがあっていいと思うんですけどねー。

コメント

No title

フォーメーション(特に頭数で言うX-X-X)なんてどうでもいいんですよ。
論点がよくわからないんですが、どこも似た形だが機能してないチームが多いじゃねぇか→もっと機能するいいチーム作れよクソ監督どもが!!でOK?

ちなみに田中さんを使って機能するフォーメーションが素人の私には思いつかないんですが、何かいい手はありますかね?
3-2-3-1+(1:田中さんフリーダム)とかかなぁ。

No title

>>ヨープレ先生
大体おけですw
例えば4-4-2で守備の時はDFラインとフラットな中盤で2本ラインを作ってスペースを潰す「三浦俊也システム」なんかは個人的にはそれなりに機能していたと思いますし。
おっしゃる通り頭数なんてどうでもいいんですが広島の3バック(と今日見てきたセレッソの3バック)とか、別に機能してるんだったらそれでいいじゃんっていうか、去年そのチームより順位が下のチームの癖にでかい口叩くなっていうか、まぁ酔っ払いのネタですんで。

世の中には4-2-3-1絶対主義者みたいなのもいますがねぇ……

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。