スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恍惚のスコアレス

J1第33節 東京 0-0  浦和

今季の中で一番気持ちが入ったゲームだったんじゃないかなぁ。
最初っからやれ、ってのはとりあえず置いといて。

東京はここで土肥を外す荒療治。
代わって入った塩田が良かった(個人的には「やっとかー」ってのと「来季待たずにかー」って驚きが半分ずつ)から、土肥も報われるかなぁ、と。

浦和はいいチームだなぁ。
コンパクトに中盤を保っていい組織を作ってた。
ただワシントンが本調子じゃないっぽかったり、三都主が相変わらずアレな感じだったりで、やっぱり優勝目前で固くなってるんだろうなぁ、と。

うちはといえば、ディフェンス陣が頑張っていた(藤山とかいのっちとかやりゃ出来るんだからいつもやってほしい)けど、オフェンスはいまひとつ。
かといってあのチームいじるのも相当なギャンブルだしなぁ。戸田→ノリオだけで交代をとどめたのは妥当でしょう。

文丈の挨拶を赤い人たちが静聴してくれたのはよかったなぁ。
去りゆく選手へのリスペクトは大事なことですなぁ。

つわけで、最低限の仕事(胴上げ阻止)はしたから、最終節はどうしよ。

PS.フリエJ2優勝おめでとう!

コメント

No title

お疲れさまでした。
相手のレベルが高かったからこそ、東京のパフォーマンスもいい感じに出たと思うし、そういう意味ではうん、最後にいい試合を見させてもらいましたね。
なにより今日は塩田のスタメン、これに尽きるかなぁと思います。パフォーマンス良かったし、でもこの大舞台かよ!みたいな。
後半は代えるもギャンブル、代えないもギャンブルだったかなぁと思います。

最終節は三ツ沢に行く予定です。

No title

お疲れ様でしたー。
結局「俺より強い奴に会いに行く」みたいな少年漫画体質なんだなぁ、東京は。
シオのスタメンは良かったんじゃないかなぁ。遅きに失した感もなくもないですが、結果オーライですな。

最終節は家でまったり赤脚戦見る予定です。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。