スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子で4人対戦が出来るかどうかわかりませんが

【王子式4人対戦店内大会(仮称)】

<レギュレーション>
参加最大36人を抽選で1次予選1組~9組に分けます。
4人対戦を行い、各組1位が準決勝へ進出。
敗者が27名出るので、27名で2次予選1組~7組に分けます。
(1次予選で同組になった人とは続けて対戦しません)
4人対戦を行い、各組1位が準決勝へ進出。
準決勝は1次予選・2次予選の勝ち抜け者をミックスして再度抽選し、準決勝1組~4組に分けます。
4人対戦を行い、各組1位が決勝へ進出。
決勝も4人対戦。1位が優勝。

常々「4人対戦で上位2人抜け」というのは大きな違和感を感じておりまして(※)、それを何とか打開できないかなぁと思って割と昔から思いついていたレギュレーションです。
大きな欠点は「定員36人なのに2回戦で必ずCOM混じりが発生」という点ですが、そもそも定員割れした時点でCOMは混じるわけで、そう考えるとそんなに大きな欠点でもないのかも知れません。

※その違和感が何なのかうまく説明できないのがもどかしい。一番単純なところとしては「その決勝やるだけ無駄だよね」ってところなんでしょうが、「上位が結託して問題を潰しやすい」とか「1位が2位を選びやすいような気がする」とか、この辺は感覚的な話で根拠を見つけられていません。

コメント

No title

はじめまして。
確かに上位2位勝ち抜けだと決勝をやる意味がなくなりますよね。 でも、だからといって2次予選を敗者全員でやるのも、1次予選で決勝に行った意味がなくなると思います……
2次予選は1次予選の決勝で敗れた2位同士の対戦でもいいかと思います。

No title

>>れそとさま
どうもはじめまして!
ご指摘いただいた「1次予選で通過する意義」は、このレギュレーションだと見出すのが確かに難しいですね。
かといって2位だけでPO行うとすると決勝ラウンド進出者が10人になってしまい、非常に具合が悪いです。

代案はこんな感じでしょうか。
(代案その1)
・32人で予選3戦(同じ人とは2度当たらないようにするため、完全抽選)
・予選は1位から10-6-3-1の順位点を付ける
・予選3戦の順位点を合計し、1位・2位は決勝進出。3位~10位は準決勝へ
・予選1位・2位・準決勝の勝者2名で決勝

(代案その2:色物ルール)
・予選は1と同様
・予選1位は決勝進出、2位~10位は「HUM2枠」「HUM3枠」「HUM4枠」のどれかのラウンドの準決勝へ進出。選択順は予選順位順
・予選1位・3つの準決勝の勝者の4人で決勝

No title

なるほど、これなら人数の問題をカバーできますね。
特に後者は、QMAに比べて地味なルールになりがちなAnAnの店舗大会には新しいルールだと思います。

No title

>>れそとさま
今度機会があったら「代案2」のルールでやってみますかねー。
王子で4人対戦が出来るかというハードルがありますが、全部合わせても28戦ですか、5時間くらいで消化できそうですね。
……贅沢な大会だなぁw

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。