スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ、先へ!

2010FIFAワールドカップ グループE 日本 3-1 デンマーク

遠目のフリーキックから本田が沈め、やや近いところからフリーキックを遠藤が沈める理想的な展開。
終盤に長谷部がエリア内で押してしまってPKを献上してしまったものの、最後まで攻め切る姿勢が岡崎の3点目を生んで勝負あり。

来るとわかっているパワープレーは(たとえベントナーが相手だろうとも)それなりに防げることはカメルーン戦・オランダ戦で実証済みであり、むしろこの試合は2列目から飛び込んでくるトマソンをいかに防ぐかということが焦点だったんだと思います。
そして、中盤でこの日はトマソンを捉えきれていませんでした。(決定力のなさには相当救われましたが)

良いサッカーをして勝つのが1つの理想だと言う人もいますが、良いサッカーって何でしょう?
3戦の中で歯車が噛み合わなければ、イタリアのようにGL敗退の憂き目に遭うこともあるわけです。

ラウンド16はパラグアイですね。(イタリアが来るものだと想像していたんですが)
この3戦で培った粘り強い守備をパラグアイ相手にも展開してもらいたいですね。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。