スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢押杯2011出場資格についてちょっと考えてみたり

極私的意見の上ツイッターからの流用ですが……

「オンラインクイズゲーマーによる早押しクイズナンバー1決定戦」と謳っているのに「店舗大会の雰囲気を」というところに無理がある気が結構しています。

恐らく当初のレギュレーション想定としては「クイズ屋にオフ会(賢押杯)を荒らされるのは嫌です」という感じだったのかも知れませんが、昨年の決勝ラウンド以降を見る限りでは別にオンオフ両刀のクイズ屋入れても遜色ないと思うし、むしろあの難易度では自分には手が出ませんので出たところでなぁ、とも思ったり。
例えば適当でした氏も馬阿蘇氏も現役のオフラインクイズプレイヤーなんですが、同時に両名ともAnAnのヘビープレイヤーでもあるわけで(適当9.8億、ばーそ3.9億:今日現在)、この両名を「店舗大会に出た回数」だけで「適当OK、ばーそNG」となるのは結構不自然じゃないかな、と思います。

以下ツイッターに書いてないこと。

個人的には新人王(と一応、早押王)は「オンラインでクイズを知った人をオフラインにお誘い出来る数少ない場」だと思ってまして、賢押杯にはその逆、「オフラインクイズの強豪がオンラインクイズの強豪に苦戦する場」になっていくんじゃないかなぁ、と思ってます。
現在の参加人数だと「ナンバー1決定戦」というのは動かせないんじゃないかと思う(各人のレベルに合った対戦相手、という需要はとてもじゃないが満たせない)ので、「オンラインクイズの強豪がオフラインクイズの強豪を撃破」→「俺にもできるかも」→「みなぎってきた!!」という流れになる方が健全なんじゃないかと。
このコンセプトを明確にしないと、賢押杯は「壮大な0次会」になってしまう気がします。
A-1はそれで構わないと思ってますが、賢押杯は「別に大会どうでもいい、それより飲みたい」となっちゃいかんような気がするんだけど、どうでしょう。

というわけで、個人的結論。
Answer×Answerからの出場資格は以下のいずれかを持っている人ということにすれば万事丸く収まると思いますがいかがかと。
・タイトル「初代シルバープロ」(An1で500万パワー以上)以上の称号
(初代シルバープロ、初代ゴールドプロ、レジェンド)
・タイトル「二代目シルバープロ」(An2で1億パワー以上)以上の称号
(二代目シルバープロ、二代目ゴールドプロ、初代スーパースター)
(LIVE版の条件は別途検討)

本条件ですが、
・どちらも500人以上の有資格者がいる
・オンラインプレーヤーを名乗るには十分やりこんでいると客観的に言える資格である
・客観的確認が容易(携帯見せれば終了、.net登録していない場合は称号セットして写真撮影すればOK)
いたずらに「お前店舗大会本当に3回出たの?」という不毛な議論をするよりはよっぽどいいんじゃないかと思います。

【ちょいと改変】
要するにこの話を考えたのは「いわゆる普通のオフラインクイズサークルに行ったことのない、オンラインクイズから入ったプレイヤーが【プロアンサーズ皆勤】ってだけで店舗大会出てないから賢押杯出られないのかー、と思ったことがきっかけ。
客観的な証拠が残らない(そりゃ優勝でもすりゃ別ですが)店舗大会を資格として考えた時に傍から見てクリーンな運営に見えるのかな、ということでした。(この辺、渋谷でも揉めたことではありますが)

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。