スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラストシーズン」の歓喜

ジャパンラグビートップリーグ プレーオフトーナメントファイナル サントリー23-28三洋電機

ファイナルを観に行ったのは多分2年ぶり3回目。
ということは例年「レギュラーシーズンで無双しつつもここ一番で勝てなかった」三洋を見てきてたわけなんですが、とうとうというべきか、やっとというべきか。

前半の展開を見てる限りではやや三洋がサントリーのパスワークに押され気味な印象を受けましたが、後半の山田のトライやモールからのねじ込みは見ごたえ十分でした。
そんなにラグビー詳しいわけじゃないですが、三洋の質実剛健さ、サントリーの華麗さが堪能できた試合だったんではないかなー、と思います。

というわけで三洋を軸にしてここ数年トップリーグを見てきていたわけなんですが、恐らくこのチーム名は今シーズンで最後になるんでしょう。
「パナソニック」を応援出来るのかどうかは正直よくわかりませんが、間違いないことは「三洋電機ワイルドナイツ」が2010-11トップリーグの覇者として名前を刻めるということ。
一定点観測者としてはそれなりに思うところがあります。

おめでとう三洋!

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。