スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当然の報酬

2006クラブワールドカップ決勝 インテウナシオナウ 1-0 バルセロナ

自宅で彼女とTV観戦。
で、なぜか2人ともインテウ寄り。
だって、インテウの方がいいサッカーしてたんだもの。

一応カップ戦のタイトルマッチだってこともあり、試合はセメントマッチの様相。
インテウの組織的なサッカーに対し、バルサの個。
ん、ちょっと前までは「個人の南米、組織の欧州」じゃなかったっけか。時代も変わったのぅ。

にしても、バルサの守備がなってない。
インテウはハーフライン付近までは持たせ、そこから後ろでがっつり守るスタイル。
一方バルサはプレスの位置もよくわからず。中盤がすかすかだったわけだが、前半はインテウも様子を見てたのかそれほど前がかりにはならず。
試合が動いたのが後半。バルサのプレスが全然掛からないのに加え、プジョルが徐々にゲームから置いていかれ始める。最終的にはプジョルが1対1で抜かれてフィニッシュされたわけで、このシーンには2人で喝采。

なのになぜかMVPがデコって。
いやデコ自身は悪くなかったとは思うが、どうしても日テレはバルサに華持たせたかったんだろうなぁ。
ちなみにこの話を知ったのは翌日。CWCの後番組に次長課長とタカトシとさんまが出るって時点でTV消しました。(土田は許す)
こういう発想(とりあえずお笑い芸人)って、サッカーを見たい人には受け入れがたいものだと思うんだけど、どうでしょう? タカトシとかゴールデンに出る顔じゃないよな。

来年もCWCは日本なんだねぇ。まぁやってりゃ見るけど、日テレ以外のところが中継してくれないかな。(無理です)
ところで、「サッカーアース」ってまだやってるの?

※意外といた「インテウ出身のJリーガー」。古くはドゥンガ(TVでも言ってましたな。あれだけ訳の判らんバルサ寄りの場所で「インテウ勝って嬉しい」って言えるドゥンガが素敵)、最近だとバロンとかワシントンとかもインテウ出身なんだね。

コメント

No title

浦和相手にインテルのような試合をしてくれたらおもしろかったのになぁ。と思います。
見ていて、W杯のブラジルを思い出しましたよ、あの負けた試合。

No title

インテウは本当によかったですな。
ロナウジーニョの表情が凍ってたのが印象的でした。
サッカーって個人技だけじゃないんだぞ、ってことで印象深い一戦でしたな。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。